小さなカフェの
集客の仕組みの
作り方

好きなことを生涯の仕事にしませんか?

“好き”を仕事にした人を応援したい。美味しい店、想いのあるオーナーに売れて欲しい。
そんな想いで小さなカフェの集客法を伝えています。
来店して欲しい人を集め、ストレスなく売上げアップとカフェの運営をして、好きなことを生涯の仕事にしませんか?

カフェの売上げアップの秘訣小さなカフェの集客法小さなカフェの集客法小さなカフェの集客法

30席以下の自営業の小さなカフェの目指すべき成功へ道がある

カフェの中身は「好き」「美味しい」に魂こがす。お客さまに媚びない・トレンドに流されない。好き・得意なことを自信を持ってやりましょう。

一方、集客をしましょう。
自分の好きなことやるカフェ。口コミやバズり、マスコミなど“他人”をあてにしないで、“自分”で集客を頑張りましょう。
売上げアップは、客数アップからです。

飲食業の力

カフェは飲食店なのだから「美味しい」は重要。しかし、より美味しければ成功するわけではありません。味の好みは人それぞれ「誰にとって美味しいのか?」の視点が重要です。
また、メニューや素材、技術のこだわり以上に接客や居心地に力を入れましょう。令和のカフェや飲食店に求められるのは『リアルな居場所』です。

コンセプト

令和時代のコンセプトは『自分だけが提供できる価値』を表現したものです。お店の特長では弱いです。なぜなら、似たようなお店や商品が溢れているからです。
「あなた」と「お客さま」と「ライバル」の関係性、あなたの好き、人生観から独自のコンセプトを作りましょう。

ライティング

ライティングとは?簡単に言えば「伝える」こと。モノが溢れ、店が溢れ、情報が溢れる現代社会の集客には、ライティングは必須アイテムです。

“コンセプト” と “ストーリー” を伝える。

メニューや素材、サービスへのこだわりを伝えるのではなく「コンセプト」と「ストーリー」を伝える。

コンセプトとストーリーには、お客さまとの交点が含まれるから共感が生まれる。共感によって美味しさ・想いが花開く。

好きなことをやり、来店して欲しい人を集め、ストレスなく売上げアップとカフェの運営をするには、「コンセプト」・「ストーリー」・「ライティング」がキーです。