小さなカフェの
集客の仕組みを
作る

小さなカフェの集客の仕組みを作る

40代からのセカンドキャリアのカフェオーナーを応援します。
美味しい店、想いのあるオーナーに売れて欲しい。好きなことを生涯の仕事として欲しい。
そんな想いで小さなカフェの集客の仕組みを一緒に作っていきます。

カフェの集客ならカフェサークル

30席以下の自営業の小さなカフェの目指すべき成功へ道がある

口コミやバズり、マスコミなど“他人”をあてにしないで、“自分”で集客する。
あなたが好きなことやるカフェ。自分で伝えて、来店して欲しい人を集めましょう。
美味しい店ほど集客を頑張るべきです。

飲食業の力

小さなカフェで重要なのは “美味しいこと”。しかし“美味しいのは当たり前”として、メニューや素材、技術のこだわり以上に接客や雰囲気、居心地に力を入れる。

コンセプト

美味しいは重要。だが美味しいだけで集客はできない。売り上げも上がらない。
「あなた」と「お客さま」と「ライバル」の関係性からコンセプトを作り『伝える』

ライティング

モノが溢れ、店が溢れ、情報が溢れる現代社会では、『伝える=見える化する』ことがガキ。
写真映えや動画も重要だが「メッセージ」が適切でなければ伝わないし、集客には役立たない。

“美味しい”“居心地がいい”だけで集客はできない

「3年以内に50%以上のカフェが潰れる」「一年間に開業する店より廃業する店のほうが多い」「2017年のカフェの倒産件数は過去最多、右肩上がりで倒産件数は増えている」
美味しい、居心地がいいけど“集客しない”個人店は潰れ、“集客(広告宣伝)している”有名店チェーン店は持て囃される。

個人店は、メニュー、味、素材、腕、こだわり、雰囲気で勝負しない。モノづくり=商品(メニュー・レシピ)開発で売れるは過去の幻想。
あなたの好き、美味しい、こだわり、想いを “見える化” し伝える。共感した人を集めリピーターを増やす。

“コンセプト” と “ストーリー” を伝える。

メニューや素材、サービスへのこだわりを伝えるのではなく「コンセプト」と「ストーリー」を伝える。
コンセプトとストーリーを伝えることで “美味しさ、想い、こだわりが花開く”。
コンセプトとストーリーには、お客さまとの交点が含まれるから、共感が生まれる。

カフェコンセプト

「好きを仕事にした人」「美味しいカフェ」「想いがある人」+アピール下手・商売下手な人を応援したい!

こんにちは、堀内芳昌と申します。広島で夫婦二人の自営業で「紅茶の通信販売」「カフェやレストランなどへの卸」「講師業」の3つの柱で仕事をしています。カフェの関連では「専門学校のカフェビジネス科で紅茶と調理実習の講師」「通信教育のコーヒー紅茶カフェマスター講座の講師」をしています。

売れたり売れなかったり、良いことも悪いことも乗り越えて18年(2018年時点)続けてきました。

プロフィールの続きはこちら≫

プロフィール写真

「小さなカフェの集客の仕組み」は、私がうまくいったことを誰にでもできるようにまとめたもの。個人商店全般に当て嵌まる現代の商売の成功法則です。紅茶の通販も講師業もカフェもパン屋も大枠は同じ。具体的な手法が一部違うだけ。多くのカフェの集客や売上げアップに役立つと信じています。

私もできる限りのサポートをしますから、共に学び、共に成長し、“好きなことを生涯の仕事にする”明るい未来に向かって、一緒に歩んでいきませんか?

好きな仕事を続けるには、売上げを上げ利益を出す。売上げアップは、お客様を増やすことから。お客様を増やすには、コンセプトとストーリーを伝え、来店して欲しい人を集客することが大切です。

口コミやマスコミをあてにすると誰が来店するか分からない。あなたが来店して欲しい人を自分で集客しませんか?