3月に飲んだ日本酒を紹介します。

3月に飲んだ日本酒を紹介します。

こんにちは。紅茶専門店ティークラブの堀内芳昌です。

私はもちろん紅茶派ですが、お酒も結構好きなんです。レシピと同じように飲んだお酒も忘れがちなので、自分にとっての今後の参考のために、気に入ったお酒だけ備忘録として書き記します。

あなたも日本酒がお好きでしたら、ほんの少しでも参考になれば嬉しいです。

3月に飲んだお酒を紹介します

3月に飲んだ日本酒はすべて美味だったので紹介します。個性の違いこそあれ、どのお酒も大変美味しゅうございました。

白鷺の城 庭酒 生もと純米酒

とにもかくにも精米歩合90%にビビっときました。素敵すぎ。

薄いオレンジ色の水色でトロっとした口当たり。とっても甘みが強く貴腐ワインのよう。けれども、ほど良く酸味があり食事との相性もよかったです。日本酒ですが、生魚よりも洋風の料理やパンと合うと思いました。

実に美味。

冷も燗もよさがあります。飲む人を選びそうな風味ですが、私は大好きです。一升瓶でリピしたいです。

白鷺の城 希代 特別純米酒 生酒

上記の庭酒と同じ兵庫県姫路の田中酒造さんのお酒。白鷺の城がメインのブランドですかね。希代 特別純米酒は、おそらくポピュラーなタイプになると思いますが、かなりよいです。

少しモルティーな穏やかな香り、ほどよい酸味、シャープな口当たりで、クリアな味わい。ほどよいボリューム。日常飲みにはほどよい上質感ですね。実に良き。

二種類しか飲んでいませんが、田中酒造さんのお酒は甘味が強いですね。よき甘さで食中向き。ほど良い酸味で甘みが強いのが印象に残りました。二本のお酒の味わいの差があったので他の銘柄も飲んでみたいです。

二種類とも飲み終わってからスマホで写真を撮ったことをお許しください。

苗加屋 純米吟醸 玲碧

ラベルの印象通りでスッキリフルーティー。青リンゴや洋梨のような香りとアルコール臭がありました。香りや飲み口の印象以上にコメの旨味やコクがあり旨口の印象。

とても美味しかったのですが、田中酒造の二本のインパクトが残った中で飲んだので、やや印象が弱かったですね。飲んだタイミングが悪かったかもしれませんね。

繁桝 吟のさと 純米大吟醸 なまなま

玲碧と似たような印象があってラベルにスッキリめでフルーティー。

リンゴや梨のようなフルーティーな香り。飲むと甘味が広がり、米の旨味、そしてほんのりと苦味。キレがよく飲みやすいです。

甘口だけど旨口で食事に合います。甘旨だけどキレがありスッキリ。

私の個人的な日本酒の好みは、米をあまり磨いていないものが好き。精米歩合80%とかを見ると沸き立ちます。「白鷺の城 庭酒」の精米歩合90%などは「なにこれ!」って興奮気味に頼んじゃいますね(笑)。大吟醸よりも純米酒が好みだったりします。山廃や生酛が結構好きですね。

そうはいっても九平次や風の森などもいいんですけどね…。竹鶴も好きだけど、賀茂金秀も好き。アッサムもダージリンシーズンティーも好きのようなことですかね。

そして、冷よりも燗が好き。温かくなると日本酒の登場回数は減っていきます。4月以降は飲む機会が減ると思うので、日本酒の紹介は一休みになるでしょう。

「美味しい紅茶は元気の源」「おうちの紅茶が一番美味しい」そう思えるような紅茶のあたらしい楽しみ方を綴っています。

関連記事