美味しい紅茶のいれ方セブンルール・ストレートティー編・ルール2「ティーポットでいれる」

美味しい紅茶のいれ方セブンルール・ストレートティー編・ルール2「ティーポットでいれる」

こんにちは。紅茶専門店ティークラブの堀内芳昌です。

令和時代の美味しい紅茶のいれ方セブンルール・ストレートティー編の「ルール2」として「ティーポットでいれる」を紹介します。この投稿は、当店の他のサイトで紹介してる内容と基本的には同じですが、今の時代に合わせて、また読者層の違いを考え、伝え方を多少変えています。

紅茶はティーポットでいれる

紅茶はティーポットでいれるのが一般的ですが、ティーカップや鍋やティーサーバーなどでも紅茶をいれることはできます。

とはいえ、他の道具で紅茶をいれるのとティーポットで紅茶をいれるのと比べると、手間は変わらないのに美味しい紅茶をいれるのは難しいです。

ティーポットで紅茶をいれることは、特別難しいことではなく、テクニックが必要なことでもありません。ティーポットは、高価なものもありますが、手軽な価格で使いがってのよいものもあります。

代用品を使うメリットは、ほとんどありませんから、美味しい紅茶をいれたい時はティーポットでいれましょう。

ここから先は、ティーポットの選び方や使う時の注意点についてお話します。

ティーポットでいれる

ティーポットを使う時の2つの注意点

  1. 丸いティーポットを使う
  2. 作る分量に適した大きさのティーポットを使う
    ティーポットの大きさに適した紅茶を作る

丸いティーポットを使う

市販のティーポットはほとんどが丸い形状(球体)です。なので、ティーポットを使っていれば、ほぼ問題ありません。

丸い(球体)形のポットで卵型かたやや横長が紅茶用で、縦長はコーヒー用に使うのが一般的です。

稀に丸くないデコラティブな形状のティーポットもあります。また、銀食器は丸い形状(球体)でないポットがあります。そのタイプは美味しい紅茶を抽出するのには向いていません。丸いティーポットで紅茶を抽出した後に、茶葉を抜いた紅茶を移しかえて使いましょう。

丸いティーポットを使う

コーヒーサーバーや計量カップは要注意

現実的に使っている人がいるかもしれないのが三角っぽい形状のコーヒーサーバーや四角っぽい計量ビーカー、筒形のティーサーバーなどですね。鍋で紅茶をいれるのも聞いたことはありますが…。

これに関しては何度も試しています。NGではありませが、丸いポットを10としたら、コーヒーサーバーなどは7~9くらいという感じですね。

この差を微差と見るか、結構違うなぁと見るのはあなた次第ですが、「丸いティーポットを越えることはない」のは確かです。

そして、「丸いティーポットを使うのと、他の道具を使うのには手間などの差はない」ということ。

持っていなければ買わなければいけませんが、手軽な価格のティーポットはいくらでもありますから買ってみてはいかがでしょうか。

美味しい紅茶をいれたいのなら、他のもので代用せずに、丸いティーポットを使うことをおすすめします。

丸いティーポットを使う

作る分量に適した大きさのティーポットを使う
ティーポットの大きさに適した紅茶を作る

作る分量に適した大きさのティーポットを使う
1人分の紅茶をいれるなら、1人用のティーポットを使う
4人分の紅茶をいれるなら、4人用のティーポットを使う
ティーポットの大きさに適した紅茶を作る
4人用のティーポットで紅茶をいれる時は、3~4人分の紅茶を作る
2人用のティーポットで紅茶をいれる時は、2人分の紅茶を作る
NG例
4人用のティーポットで、1~2人分の紅茶をいれるのはNG
2人用のティーポットで、1人分の紅茶をいれるのはNG

【重要】同じ分量、同じ割合で紅茶を作っても、ティーポットのサイズと作る分量のバランスによって、紅茶の味が変わります。

よい例・よろしくない例

ティーポットの大きさに適した紅茶を作る

  • A:茶葉:8g/湯:600cc 〇
  • B:茶葉:4g/湯:300cc ×
  • C:茶葉:4g/湯:300cc 〇
  • C:茶葉:2g/湯:150cc ×
  • A=〇:ティーカップ4杯分の紅茶をいれる時は、4杯分を抽出する大きさ600cc用のティーポットを使う
  • B=×:ティーカップ2杯分の紅茶をいれる時に、4杯分を抽出する大きさのティーポットを使うのはNG
  • C=〇:ティーカップ2杯分の紅茶をいれる時は、2杯分を抽出する大きさ300cc用のティーポットを使う
  • D=×:ティーカップ1杯分の紅茶をいれる時に、2杯分を抽出する大きさのティーポットを使うのはNG。

すべて茶葉と湯は同じ割合(茶葉2g:湯150cc)です。BとCは、まったく同じ分量。

ティーポットの大きさに適した紅茶を作る

同じ分量や同じ割合で紅茶を作っても、紅茶の味が変わります。ジャンピングの状態や水色、香り、でき上がりの温度なども変わってきます。

何度も試していますが、正しいサイズのティーポットが10としたら、大きさの合っていないティーポットで紅茶をいれると7~8くらいのイメージです。

ティーポットは、大は小を兼ねません。

美味しい紅茶をいれるためには、作る分量に合った大きさのティーポットを使う、または、ティーポットの大きさに適した紅茶を作りましょう。

「二人で飲む時もあるし、一人で飲む時もあるから、二人用のティーポットで両方兼ねよう」は、よろしくないということです。

いろいろな分量で紅茶をいれる人は、大小2つのティーポットを使うか、小さいポットを2~3個持っていたほうがよいですね。

ティーポットを使うのは多くの人が知っていますが、ティーポットのサイズと作る紅茶の分量のバランスに関しては、気にしてない人が多いようです。想像以上に味が変わるので、ティーポットのサイズは意識することをおすすめします。

美味しい紅茶のいれ方セブンルール・ストレートティー編

  1. 品質のよい新鮮な茶葉を使う
  2. ティーポットでいれる
  3. ティーカップ二杯以上いれる
  4. 分量を間違えない
  5. 汲み立ての水を沸かし、沸き立ての湯を使う
  6. 蒸らす
  7. 茶葉を濾しながら別のティーポットに移し替える

おすすめアイテム

→ ガラス製ティーポット300cc用
→ ティーメジャー
→ シンプルな茶道具セット
→ 紅茶お試しセット
→ 紅茶セブン

「美味しい紅茶は元気の源」「好きをいつまでも」シンプルライフのヒントを綴っています。

関連記事