美味しい紅茶のいれ方セブンルール・ストレートティー編・ルール3「ティーカップ2杯以上いれる」

ティーカップ1杯分の紅茶は作らない

こんにちは。紅茶専門店ティークラブの堀内芳昌です。

令和時代の美味しい紅茶のいれ方セブンルール・ストレートティー編の「ルール3」として「ティーカップ2杯以上いれる」を紹介します。この投稿は、当店の他のサイトで紹介してる内容と基本的には同じですが、今の時代に合わせて、また読者層の違いを考え、伝え方を多少変えています。

紅茶はティーカップ2杯以上いれる(作る)

美味しい紅茶をいれたければ「紅茶は、ティーカップ2杯以上いれる」。かなりシンプルに味が変わるポイントです。1杯分の紅茶を作っている人は、2杯分いれるだけで紅茶は美味しくなります。

ティーカップ1杯分の紅茶とティーカップ2杯分の紅茶

  • ティーカップ1杯分の紅茶を作る(茶葉=2g・湯=150cc)
  • ティーカップ2杯分の紅茶を作る(茶葉=4g・湯=300cc)

同じ比率で紅茶を作ります。
同じ茶葉、同じ道具を使い、手順なども同じにします。
でき上がった紅茶の味、香り、水色、渋み、温度、すべて、違います。

まったく同じ茶葉を使い、同じ比率で紅茶を作っていますから、頭で考えれば同じは味なるはずですよね。でも、違うのです。この違いは飲んだ人の90%以上が気がつきました。

念のために言っておくと「ティーカップ2杯分の紅茶を作る」は美味しい。

「ティーカップ1杯分の紅茶を作る」はまずくはないけど、2杯分を作った紅茶よりは確実に劣ります。

ティーカップ1杯分の紅茶を作っていた人は、2杯以上作るだけで確実に美味しくなります。

「紅茶は、ティーカップ2杯以上いれる」言い換えると「ティーカップ1杯分の紅茶は作らない」となります。

紅茶は、ティーカップ二杯以上いれる

作る最低分量、適正分量がある

「一杯分だけ飲みたいんですけど…」という人が中にはいるでしょうね。

このように考えてみてください。

ご飯を食べる時、茶碗一杯のご飯を美味しく炊けますか?
できなくはありませんが、とても難しいですよね。

ケーキやパンを一人分、一切れ分だけ焼けますか?
焼くだけなら、作りやすい分量を作り、一人分だけ焼くことはできますが、一人分の生地を作るのは、至難の技ですよね。美味しく作ろうと思ったら…。

美味しくするには、作りやすい最低分量があります。

美味しい紅茶をいれる最低分量はティーカップ2杯分です。

ちなみに、3杯分、4杯分の紅茶をいれれば、同じ茶葉でも美味しくなります。少ない分量よりもたくさん作ったほうが美味しいのです。ご飯を1合炊くよりも5合炊いたほうが美味しいのと同じですね。

ティーカップ1杯分の紅茶をいれることはできます。美味しくなくてもよいのなら、問題はありません。ですが、美味しい紅茶をいれたいのなら、ティーカップ2杯分以上の紅茶をいれることをおすすめします。

美味しい紅茶のいれ方セブンルール・ストレートティー編

  1. 品質のよい新鮮な茶葉を使う
  2. ティーポットでいれる
  3. ティーカップ二杯以上いれる
  4. 分量を間違えない
  5. 汲み立ての水を沸かし、沸き立ての湯を使う
  6. 蒸らす
  7. 茶葉を濾しながら別のティーポットに移し替える

おすすめアイテム

→ ガラス製ティーポット300cc用
→ ティーメジャー
→ シンプルな茶道具セット
→ 紅茶お試しセット
→ 紅茶セブン

「美味しい紅茶は元気の源」「好きをいつまでも」シンプルライフのヒントを綴っています。

関連記事