美味しい紅茶のいれ方セブンルール・ストレートティー編・ルール4「分量を間違えない」

分量を間違えない

こんにちは。紅茶専門店ティークラブの堀内芳昌です。

令和時代の美味しい紅茶のいれ方セブンルール・ストレートティー編の「ルール4」として「分量を間違えない」を紹介します。この投稿は、当店の他のサイトで紹介してる内容と基本的には同じですが、今の時代に合わせて、また読者層の違いを考え、伝え方を多少変えています。

美味しい紅茶のいれ方セブンルール・ストレートティー編・ルール4「分量を間違えない」

紅茶のいれ方や分量は、ほとんどの商品に書いてあるはずです。まずはその分量を参考にしてください。

商品に書いていない場合や自分なりの分量の目安がない人は、「茶葉:4~5g(ティーメジャー1杯)」・「湯量:300cc」で300cc用のガラス製ティーポットを使っていれてみてください。

ティーメジャーとガラス製ティーポットを使えば、“このくらい”の目分量でOK

ティークラブおすすめの分量

ストレートティー
茶葉:4~5g(ティーメジャー1杯)
湯:300cc
ミルクティー
茶葉:6~8g(ティーメジャー1杯半~2杯)
湯:300cc
アイスティー
茶葉:6g(ティーメジャー1杯半)
湯:300cc

「茶葉の分量」と「湯量」の両方を意識する

茶葉の分量は気にするけど、湯量にまで気が回っていない人が多いようです。茶葉を正確に計っても、湯量がブレたら台無しです。

特に陶器のティーポットは、湯量が分かりにくいので注意してください。

「茶葉の分量」と「湯量」の両方を意識する

目分量かデジタル秤か

茶葉や湯量を量る方法は、目分量(スプーンを使うのも目分量)か、デジタル秤で量るかの2つがあります。

どちらでも構いません。好きな方法で量ってください。

「秤で量るなんて!」という人がいる、一方で、「目分量では不安」という人がいます。「デジタル秤で量るのは面倒」という人がいるかと思えば、デジタル秤を手間と感じないがいます。好みの問題なので、好きな方をお使いください。

ティークラブのお客様の中にも「ティーメジャー派」と「デジタル秤派」がいます。

ちなみに私はどちらも使います。時と場合により使い分けています。

お店の場合は、自信がないならデジタル秤をおすすめします。

デジタル秤で茶葉を量る

0.1gまで量るとより正確

湯量のはかり方

  • 目分量で量る
  • デジタル秤で量る

目分量でいれる場合

  1. 300ccの水を計量する
  2. 空のティーポットに1の水を入れる
  3. 湯量の目安(水位)を覚えておく
  4. 紅茶をいれる時に覚えておいた目安まで湯を注ぐ

頻繁に紅茶をいれる人は、一度目安を覚えれば大丈夫でしょう。たまにしか飲まない人は、湯量の目安を忘れれないように注意しましょう。もし、忘れてしまったら、もう一度300ccの水で目安の確認をしてください。

不安な人には「ガラス製ティーポット300cc用」がおすすめです。手軽に使え、目分量でも湯量を間違いにくいから安心です。

ガラス製ティーポット300cc用

湯量が割りやすく、ジャンピンを確認できるガラス製ティーポット300cc用

陶器のティーポット

陶器のティーポットは、外から湯量が見えないから要注意

デジタル秤で量る場合

  1. 温めたティーポットに茶葉を入れる
  2. ティーポットをデジタル秤にのせ、目盛りをゼロにする
  3. 290~300gまで湯を注ぐ

キッチリ300ccでなくてOKです。

途中までは普通に勢いよく注ぎ、最後だけ少しゆっくり注ぎ調整しましょう。

茶葉の分量のはかり方

紅茶に慣れている人は、分量が正しく量れるのであれば、どういう方法でもOKです。バースプーンや大さじなどでも構いませんし、手づかみだってOKです。分量が正しくはかれれば何でも構いません。

自信のない人は、「ティーメジャー」または「デジタル秤」がおすすめです。

ティーメジャーのすくい加減の目安

ダージリン、アッサム、ディンブラ、アールグレイのすくい加減の目安

ダージリン、アッサム、ディンブラ、アールグレイの茶葉を4.0gすくった状態

アッサムのすくい加減の目安

アッサム4.0gとアッサム5.0gのすくい加減

どのくらいすくっているのか分からないようでしたら、ティーメジャーですくった茶葉をデジタル秤で量って確認してみてください。

さじ加減

「さじ加減」という言葉があるように、紅茶をいれるのに神経質になる必要はありません。また、好みに合わせて多少加減してください。家庭で紅茶をいれる場合は尚のことです。

そもそも、一般的に美味しいと感じる分量を「茶葉4~5g」と言っている時点で案外アバウトですからね。「4g」と「5g」って結構違いますから。大きく違ったらダメですが、だいたい合っていればOKです。

もちろん、キッチリするのはよいことです。キッチリしたい人は正確に量る、デジタル秤で量る、0.1g単位で量るはOKです。キッチリやればブレずに美味しい紅茶がいれられるのは間違いありません。

なお、薄くなったらどうしようもないので、迷ったら濃いめにいれましょう。濃い紅茶は湯で割ったり、ミルクを入れたりすれば美味しく飲むことができるからです。

最後に、カフェの場合は「安定」がとても大事です。時によって美味しかったりイマイチだったり、作る人によって味が違うのは不評につながりやすいです。作業性やスピードと合わせて、できるだけ安定するやり方を考えてください。

美味しい紅茶のいれ方セブンルール・ストレートティー編

  1. 品質のよい新鮮な茶葉を使う
  2. ティーポットでいれる
  3. ティーカップ二杯以上いれる
  4. 分量を間違えない
  5. 汲み立ての水を沸かし、沸き立ての湯を使う
  6. 蒸らす
  7. 茶葉を濾しながら別のティーポットに移し替える

おすすめアイテム

→ ガラス製ティーポット300cc用
→ ティーメジャー
→ シンプルな茶道具セット
→ 紅茶お試しセット

「美味しい紅茶は元気の源」「好きをいつまでも」シンプルライフのヒントを綴っています。

関連記事