美味しい紅茶のいれ方セブンルール・ストレートティー編・ルール5「汲み立ての水を沸かし、沸き立ての湯を使う」

美味しい紅茶のいれ方セブンルール・ストレートティー編・ルール5「汲み立ての水を沸かし、沸き立ての湯を使う」

こんにちは。紅茶専門店ティークラブの堀内芳昌です。

令和時代の美味しい紅茶のいれ方セブンルール・ストレートティー編の「ルール5」として「汲み立ての水を沸かし、沸き立ての湯を使う」を紹介します。この投稿は、当店の他のサイトで紹介してる内容と基本的には同じですが、今の時代に合わせて、また読者層の違いを考え、伝え方を多少変えています。

このルール、家庭は簡単。お店は少し難しい。工夫が必要になることが多いです。

「汲み立ての水を沸かす」と「沸き立ての湯を使う」を分けて、それぞれを詳しくお話しします。

汲み立ての水を沸かす

汲み立ての水とは、水道の蛇口から汲んだ水。水道から出た新しい水ということです。紅茶をいれる時(湯を沸かす時)に水を汲み、すぐに沸かしてください。

酸素を含んだ新鮮な水が紅茶の抽出にむいています。

蛇口から汲んだ水でも「汲み置きはNG」です。5分10分くらい置くのは問題ありませんが、浄水などのために一晩など長時間経った水は紅茶には適しません。

浄水器に関して

浄水器を普段から使っているかたは、そのままお使いください。日頃、浄水器を使っていないかたは、紅茶のためにわざわざ浄水器を買う必要はありません。普通に飲んで美味しいと思う水を使えばOKです。

浄水器の場合「シンプルな浄水」以外の「アルカリイオン水」とか「還元水」など、水の種類がある場合があります。その場合はどれが紅茶に適するのは、ご自分で試してもらうしかありません。水を飲んで美味しいかの判断ではなく、紅茶をいれて美味しい紅茶が抽出できる水を使ってください。

浄水器

紅茶には「軟水」が適します

「硬水」が良いという人がいますが、スルーしてください。飲み比べれば分かります。軟水の方が紅茶の香りが引き立ち、コクや茶の旨味、ほど良い渋みが引き出され美味しいです。

日本の水道水は、ほとんどが軟水なのですが一部「硬水」の地域があります。硬水が出る地域は、残念ながら紅茶の味が落ちます。

幸い日本の場合は、硬水の地域もそれほど硬度が高くないので、そこそこいけます。気になる人は、軟水のボトルドウォーター*と比べてみてください。それぞれの水で紅茶をいれて自分が美味しいと思うほうをお選びください。どうしても気なる人は、高性能の浄水器を使うといいでしょう。

ちなみに、私の実家は硬水ですが、そのまま紅茶をいれています。軟水に比べると少し劣りますが、自分たちが飲む紅茶なので納得しています。

ペットボトルの水は適しません

話が前後し、しかも矛盾がありますが、ペットボトル(ボトルドウォーター)の水は適していません。

理由の一つは、ペットボトルの水は硬水が多いからです。前述のように紅茶には軟水が向きます。硬水は向きません。

軟水のペットボトルもありますが、酸素(空気)をあまり含まないから不向きです。

美味しい紅茶をいれるためには、軟水を使うと同時に、酸素(空気)を含んだ水を使うのがポイントです。汲み立ての水道水には酸素が含まれていますが、ペットボトルの水は、酸素が少なくなっているから向かないのです。

※前述の話*は、硬水が出る地域の苦肉の策なのでご理解ください。

ペットボトルをふるは意味がない

「ペットボトルの水を使う時は、よく振ってボトル内の酸素を水に入れてから使う」という説。忘れてください。ペットボトルは振っても酸素は入りません。泡立つだけです。マスコミ向けのパフォーマンスくらいに軽く考えてください。

ペットボトルの水は紅茶にむきません。水道水が硬水だったり、飲めない水質だったりする場合に、やむを得ず使う。やむを得ないのですから、ジタバタしないで、そのまま使ってください。

沸き立ての湯を使う

汲み立ての水を沸かし、沸き立ての湯を使う。ピークに沸騰したら、すぐに注いでください。

湯気が少々出たくらいでは沸騰していません。シュンシュンと勢い良く湯気が出るまで沸かしてください。

音が鳴るケトルは、音が鳴りだすくらいではなく、うるさいくらいに鳴ってから使ってください。

湯の沸かし方

ボコボコ沸き立つまで沸かす

湯の沸かし方

湯気が勢いよく出る、音が鳴るケトルは大きな音が鳴るまで沸かす

ピークまで沸いたら、すぐに注ぐ。

ただそれだけです。コツもなにもありません。

「沸騰直前を使う」とか「数分間沸かし続ける」とか、煩わしいことはしなくていいです。

沸騰するタイミング合わせて、ティーポットに茶葉を入れて用意しておく。
沸いたら注ぐ。
難しくないですよね。

湯を沸かす道具

湯を沸かす道具は「やかん」がおすすめです。

やかん以外のものでも構わないのですが、やかんが一番ティポットに湯を注ぎやすく、湯が沸くの早いものが多いので、おすすめします。

やかんが湯を注ぎやすい

やかんが湯を注ぎやすい

「電気ケトル」

保温するタイプの電気ポットではなく、湯沸かしのための電気ケトルはOKです。

注意点は、沸いた瞬間を見落としやすいこと。いつ沸騰したのかが分かりにくいので、沸騰した瞬間を見逃さないで使うことに注意してください。

電気ケトル

沸騰を見逃さない

湯は多めに沸かす

水は必要な分量よりも多めに沸かす。例えば、300ccの湯で紅茶をいれる時に300ccだけ沸かすのは少ないです。多めの水を沸かしたほうが酸素が残るからです。

また、ティーポットやティーカップを温めるためにも湯を使うので、湯は多めに沸かしましょう。300ccの紅茶をいれる時は500ccくらい。

二度沸かしの湯

一度沸かした湯を時間が経ってから、もう一度沸かした湯は美味しい紅茶には適しません。

例えば、紅茶をいれて飲みました。しばらくしてからもう一度飲みたい時や別の人が飲みたいと思った時などに、少し前に沸かした湯をそのまま沸かすのはNGということです。

理想は、残った湯を捨て、新しい水を汲み直し、一から沸かし直すのですが、それをやると時間がかかります。

そこで、残った湯に新しい水を足してください。

ティーポット1つ分でもよいので、新鮮な水を足せばOKです。ベストではありませんがベターです。

なお、1時間以上くらい経った場合は、新しい水を汲み直しましょう。

保温した湯、沸かしっぱなしの湯

保温した湯や沸かしっぱなしの湯は、紅茶には不向きです。

家庭の場合は、ほぼないと思いますが、お店の場合はあったりしますね。このような湯を使っているお店は、一度考え直してみてはいかがでしょうか。それしかないのかもしれませんが、ベターな方法を工夫してください。

最後に

文章で説明したので、ちょっと難しく感じるかもしれませんが、「紅茶をいれる時に、水を汲んで、沸かすだけ」です。難しいことはありません。

家庭の場合は、セブンルールの中では一番簡単で、注意するほどのことではないのかもしれません。

対して、お店の場合は、「来客ごとに水を汲み、沸かす」となると時間がかかります。時間がかかっても問題ないお店はよいのですが、早めに提供したい場合は、お店ごとに工夫をしていただくしかありません。お店のコンセプトや状況などによりますから、おすすめの対処法はありません。なお、個別に相談いただければアドバイスはいたします。

美味しい紅茶のいれ方セブンルール・ストレートティー編

  1. 品質のよい新鮮な茶葉を使う
  2. ティーポットでいれる
  3. ティーカップ二杯以上いれる
  4. 分量を間違えない
  5. 汲み立ての水を沸かし、沸き立ての湯を使う
  6. 蒸らす
  7. 茶葉を濾しながら別のティーポットに移し替える

「美味しい紅茶は元気の源」「おうちの紅茶が一番美味しい」そう思えるような紅茶のあたらしい楽しみ方を綴っています。

関連記事