アメブロ集客スタートアップクラス 堀内芳昌署名

はじめまして、紅茶専門店ティークラブの堀内と申します。

業務用紅茶を卸している関係でカフェや飲食店の開業者や経営者とのお付き合いがあります。また、カフェの専門学校と通信講座の講師をしている関係でもカフェの開業者との出会いがあります。

「夢を叶えてカフェを開いたのに現実は厳しかった」「美味しいのにお客さんが少ない」「お客さんを増やしたけど、何からやればいいの」多くのカフェオーナーが悩んでいる。表向きは晴れやかな笑顔で仕事しているけど、内心は曇り空。

本当はカフェの仕事を頑張ればあなたもお客さまもHAPPYになれるのに、集客、売上げ、お客さまなど他の悩みで疲弊するのはみんなにマイナス。

そんなカフェオーナーの役に立ちたい。「集客の流れを作りもっとカフェの仕事を頑張って欲しい」という想いで自営業のカフェオーナーに向けたアメブロ集客のスクールを行います。

私も売上げ集客に悩みました。今でも100%解消したわけではありませんが、アメブロをきっかけにポイントを掴みました。

アメブロ集客スタートアップクラスの内容は、私が集客のコツを掴み売上げアップにつながったアメブロ集客を「忙しいカフェオーナーでもできるように編集した」ものです。

SNS全盛の今でもSNSより集客できる“カフェのための”アメブロ集客法を包み隠さず公開します。全部すべて丸っと教えます。

そうは言っても一人では難しいでしょうから、一緒に頑張っていきませんか?

興味を持った人はゆっくりとジックリと読んでみてください。この案内ページを読んだだけでも集客に役立つことが書いてありますから…。

【現在、受付けておりませんが、興味のある人は、最後まで読んでみてください】

自分で集客をした経験がない

「2000年代はじめくらいまでは、集客しなくてもそこそこ売れた」
「勤めていた時は、会社が集客や宣伝をしてくれていた」
「サラリーマンやOL、公務員などには集客など必要なかった」

ほとんどの人が集客を知らない(必要ない)世界にいたはず。ごく一部、広報や営業職だった人が集客や宣伝をしたことがあるくらいでしょう。

私もそうでした。自分で集客をしたことはありません。

自慢するわけでありませんが、以前洋服屋で働いていた時は販売員の個人売上げが社内で一番になったり、店長としては店の売上げが全店で一番になったりしました。雇われですが、カフェをやっていた時は22~23席の店で月商200万円前後は売っていました。

結構売っていると思うのです。
なぜでしょう?

会社が集客や宣伝をしてくれていたからです。

実は、接客は得意ではないのですが、店作りは得意だと思っていました。もちろん、仕入れや店作り、接客等も頑張りました。カフェのメニュー開発は得意だと思っています。ですが、結局このことろ、会社(他人)が集客してくれたから売れたのです。自分の力“だけ”じゃなかったのです。

洋服屋なんて「お客さんが来てナンボ」の仕事じゃないですか。それでも「自分で集客する意識はなかった」のですから、普通のサラリーマンやOL、主婦の人は「自分で集客をする」という意識がなくて当たり前です。

ほとんどの人が「集客が必要のない仕事をしていた」か「自分では気づかない間に会社に集客や宣伝をしてもらっていた」

「自分で集客をする」「集客をしなければいけない」の意識がなくて当たり前です。

集客を習ったことがない

飲食店で働けば、料理やドリンクの技術は習える。接客もそれなりには習えるでしょう。資格講座や教室でも技術や知識を習うことはできる。

「集客を習ったことはありますか?」

教えてもらえたとしても「既存客に連絡先を聞き案内をする」「人脈を広げる・仲間を作る」「口コミが一番いい」程度ではありませんか?

勉強をした講座や協会、知人などからも「ブログ、SNSなどで無料で集客できる」とか「女性の口コミはすごい!」「紹介が一番いい!」などを聞いたことがあるかもしれません。

何をすればいいのか分からないまま、ブログを書いたり、SNSを更新したりして終わり…。口コミやマスコミをひそかに期待している…。

私が知っている「集客が難しい」と口にしたカフェオーナーは集客していて、お客さんが増えないのではなかった。集客をしていないのに“集客が難しい”と言っていた。

「誰も集客を教えてくれない」

知らないことは習えばよい

集客を習ったことがない。集客の仕方を知らない。だったら習えばいいのです。

カフェを開く前、料理やケーキは自信があったけど、コーヒーを淹れたことがなかったら・・。コーヒーの淹れ方を習いましたよね。

コーヒーにこだわっていたけど、ケーキは作れない。ケーキの作り方を習って、練習して、お店に出していませんか?ケーキの場合は仕入れることもできますが…。

集客は?

「ブログやSNSで集客できるらしい…」そう聞いて、見よう見まねでやってみた。「知ってもらえばお客さんが増えるんじゃないか」そう思って、ブログやSNSをやっている。でも、効果がない。

それはそうですよ。

ケーキの作り方を知らない人が作り方を習わないで、ちゃんとしたレシピを見ないで作れますか?ネットの曖昧な情報を真似したり、知り合いの適当なレシピで作ったりしてもうまくいきませんよね。

アメブロに日記を書くとか、SNSに毎日投稿をするのは、レシピを見ないでケーキを作っているようなものです。

「集客の“し”の字」も知らない人が見よう見まねや軽い噂を聞いてやったくらいでお客さんが増えるほど集客は簡単なものではありません。そんなに簡単だったら、こんなに簡単にお店が潰れることはないでしょう。

「独学で時間がかかる」、「自己流でやって自己満足」と「習って時短」、「成果が出やすい」どちらを選びますか?

お店の中身(魅力)と集客は別

味や接客などお店の中身を改善すれば集客できる=お客さまが増えるわけではありません。

何故なら、お客さまが来店しない最大の理由は「知らない」からです。「あなたの店の存在を知らない」「存在は知っていてもカフェの中身(魅力)を知らない」から来店していないのです。

あなただって知らない店には来店できませんよね。当たり前ですが。

「あなたのカフェを知らない人」や「店の存在は知っていたとしても中身を知らない人」は、カフェの中身を良くしても気が付きません。世界一美味しい料理や世界一美味しいコーヒーを出したとしても「知らなければ来店できない」のです。

集客の第一歩は「知ってもらう」こと。カフェの改善ではありません。

多くの場合、お店の内容は今のままで集客できます。お店の内容の見直しが必要なカフェも一部ありますが…。

カフェの中身を好きじゃないことに変えたり、お客さんに合わせたり、値下げしたりする必要はありません。むしろ、逆。好き、やりたいこと、こだわりを際立たせることが重要。ポイントは「伝え方」です。

集客の方程式

【観覧数 × 成約率 = 来店客数(集客の成功)】
観覧数を増やす × 成約率を高める =お客さまが増える

観覧数とは?

ホームページ、SNS、ブログ、メール、ライン、チラシ、看板、ショップカード、ハガキのダイレクトメール(DM)、お店の通信紙、店内ポップ、店外告知(黒板など) etc…を見てもらった数

成約率とは?

ホームページやチラシなどを何人が見て、何人が来店したかを数値化したもの。見てくれた人の中の来店者の割合

集客の方程式
  • 観覧数を増やす=たくさんの人に見てもらう⇔告知活動をする
  • 成約率を高める=見てもらった人の中の来店者の割合を増やす⇔アメブロを整える
  • 知られていないから来店しない → 知ってもらうだけで来店者は増える
  • 店の存在、店名などを知ってもらうだけでは、来店者は少しか増えない。客層がよろしくない
  • 極論を言えば「成約率がゼロなら日本国民全員に知ってもらっても来店者はゼロ」
  • 知ってもらうと同時に知ってもらう内容を整える「カフェの魅力を伝える」必要がある

アメブロツールで観覧数をアップする

ツールってどんなものか想像できない人がいると思います。何をどのように使うかは講座で教えます。

簡単にいうと「読者登録といいねをある程度自動化ができる」
それによって「読者登録といいねの時間短縮ができる」ものだと思ってください。

ツールの使用は強制ではありません。講座代にプラスしてお金もかかりますし、内容を知って使いたくない人は使わなくても構いません。

集客できるまでに時間がかかるだけなので、ゆっくりでもいい人は手動でやることも可能です。ツールなら30分でできることが手動だと3時間かかったりする。または、30分だと少ししか作業が進まない。一日、30分から一時間の作業をして欲しいので、ツールを使わないと確実に進行が遅れます。

※読者登録といいねのツール「月額2980円(税込)」を講座とは別に必要に応じて各自お申し込みください。2~3か月から使用予定。いつでも解約可。申込方法は講座内で紹介します。

なぜ、読者登録といいねで集客できるのか?

なぜなら、観覧数が上がるからです。

来店して欲しい人に読者登録をする。→来店して欲しい人の観覧数が上る。

観覧数が上がる→「知ってもらえる」「来店のきっかけができる」

読者登録を50人したら20~30人の人がブログを見に来てくれる可能性がある。
いいねを300したら20~30人がブログを見に来てくれる可能性がある。
一日50~60人のブログ観覧者が見込める。

仮に100人に一人が来店してくれるとしたら2日で一人来店があることになる。カフェや飲食店の場合、一人は一組になるので一人かもしれないけど、四人かもしれない。平均二人だとしたら、2日で一組=二人の来店になるから一日一人の計算になる。

成約率が高いブログができれば来店者は増える、成約率が低ければ減る。成約率を高めることができればリピーターが増える。リピーターが増えれば売上げは安定する。

週一回の投稿で集客できる理由

集客の流れ

【読者登録orいいね】→【見込み客がブログを見に来る】→【選ばれる】→【来店】

記事更新→見てもらうではない

そもそも、記事更新をしても見込み客は見てくれない。見込み客があなたのブログを見ている可能性は低いと思いませんか?あなただって知らない人のブログは見ませんよね。

来店につながるような記事を週一回更新し、読者登録といいねで見込み客にアプローチをして、観覧数を上げます。一週間毎日違う人にアプローチするから、週に一回の記事更新でOKなのです。

友人や知り合いや仲良くなったアメブロガーが更新した記事を見ても来店につながらない。見込み客に見てもらうことがポイント。

50点のアメブロで集客

50点のアメブロというのは「未完成」「満足いく内容ではない」「中途半端」なアメブロでも大丈夫という意味。基準があるわけではなくイメージです。

しいて言えば50点のアメブロは「ヘッダー画像はなくてOK」「文章=お客さまが読んで日本語の意味が分かる」「必要最低限な記事が書いてある」「プライベートだけの記事を書かない」くらいでしょうか。

この中でいえば最も重要なは「見込み客が読んで意味が分かる記事がかけているか」です。これさえできていれば、あとは決まったことをやればOK。

30点、50点、80点のアメブロの差

50点のアメブロと80点のアメブロでは成約率が違う。伝えられる価値が違うからです。

例えば、80点のアメブロだと100人がアクセスしてくれたら一人来店があるとしたら、50点のアメブロだと200人のアクセスがあって一人の来店があるイメージ。または、100人のアクセスで一人来店があるけど、価値を感じて来店する人ではなく「ノリで来店する=価値を感じないで来店している人」の割合が増えます。

50点のアメブロで強力で良質な集客ができるかと言ったらNO。ですが、80点のアメブロができ上がるのを待っていたら集客できるまでに時間がかかる。早く集客したいですよね。

50点のアメブロ(未完成なアメブロ)でも集客できます。安心してください。

アクセスに対して来店者が少ないだけです。これは、アクセス数を増やすことを頑張れば解消できます。また、ノリで来店する人がいてもよしとしましょう。まずは、お客さまを増やすことを優先。集客できるようになってから内容を整えても大丈夫です。

30点くらいアメブロでも、読者登録といいねを頑張れば、来店者はそれなりに増えます。ただし「来店して欲しい人を集客する」のが弱くなる。

はじめから理想を求めると、はじめの一歩を踏み出せなくなる。まずは、50点の(未完成な)アメブロで集客できるようになる。

集客できるようになったら「アメブロの内容を改善する=成約率が高まる」→集客が加速する

一日1時間・集客の仕事をする

一日1時間集客の仕事をする

忙しい飲食店の経営者が集客をする時間を長くとれるとは思えないので「一日1時間」を目安に作業すればいいように考えています。センスが良ければ30分程度でできるはずです。

週一日の休み・週6回の作業

週一回の記事更新。記事更新日以外の週5~6日は読者登録。いいねは毎日(週一日は全休も可)

一日30分~1時間の作業が週6日できない人は、集客できるまでに時間がかかる。3か月では無理。断言します。

集客は、仕入れや掃除や仕込みと同じような「裏の仕事」
しなければいけない必須な仕事です。

日々の仕事が忙しくて「そんなことできない」と言った人がいます。私からすれば「忙しいから掃除ができなかった」「忙しいから仕入れを忘れた」と同じことを言っています。

いつでも学べる、いつでも質問できる

リアルのセミナーや勉強会で学べることは多いのですが、場所と日時が決まってしまうため忙しい飲食店の方や地方に住んでいる人は受講自体が難しい。

また、運よく受講できても「いざとなったらどうすればいいのか分からない。」「その時は良いけど、すぐにモチベが下がる。」こんな声を何人からも聞いたことがあります。

アメブロ集客スタートアップクラスは、オンライン講座なので、どこに住んでいても受講できます。朝でも夜でも、休憩時間でも学べます。

期間中は、いつでも何度でも質問ができる。

「分からないことを聞ける人がいる。」この小さな安心感も継続的に学ぶスクールの意味だと考えています。集客以外の質問にも答えられる範囲で答えます。

3か月経ったら?

早い人は集客できるようになり、少しずつお客さまが増えているでしょう。
遅い人でも集客できる手応えを感じるはず。

集客できるようになった人は、次のステップ「80点のアメブロ」を目指すもよし、しばらくこのままを維持するもよし。徐々にアメブロガーのリピーターがついてくるでしょうから、集客は加速します。

気に入ってくれた人は継続してもOK.自分でできると思った人は、卒業して一人で頑張ってください。

「自分で集客をする」とお客さまが増える以外にもたくさんのメリットがあります。今までと違う「自信」や「安心感」が出てくると思います。思ってもいない“良い意味の副作用”に驚くはず。それが、集客のはじめの大きな壁を超えた証です。

ホームページ(独自ドメインサイト)を作る

アメブロで集客ができるようになったら「一日も早くホームページ(独自ドメインサイト)を作る」を考えてください。

あなたのお店の公式サイトになる「独自ドメインのホームページ」は必ず持っていたほうが良いです。

ホームページを作るのは簡単ではありませんが、ワードプレスを使えば難しくもありません。80点のアメブロを作れる人なら絶対にできます。50点のアメブロで集客できるようになったら、80点のアメブロを目指しながら、ホームページを作って欲しいです。

独自ドメインであることがポイントなのでJimdoとかwixはNG。無料系をすすめてくる人の話には乗らないこと。要注意。

アメブロ集客スタートアップクラスの内容

受講期間:受講開始から90日間(年末年始GWなどを含む場合その分延長)

内容

1か月目 ヒアリングシート(自己紹介&自己分析シート)
ブレインダンプ(見込み客の分析&自己分析※記事更新&集客のカギになる作業)
アメブロ集客基礎(基礎コンテンツ)
週一回の投稿で来店して欲しい人を集めるレシピ(基礎コンテンツ)
プロフィールの書き方
※ヘアリングシート提出後、スカイプで面談。3か月の方針を打ち合わせする
2か月目 アメブロの書き方「基礎の基礎を飛ばした必要最低限の書き方術」※ブレインダンプができていることが前提
・アメブロ書き方のポイント
・必要最低限の記事の書き方
・メニュー記事、店内写真
・最低限のカスタマイズ
お客さまの声の集め方
お客さまのことの記事の書き方
アメブロツールの使い方
・読者登録のやり方
・いいねのやり方
※読者登録をはじめる前に状況確認しスカイプで面談。
3か月目 コンテンツ未定
週に一回記事更新
読者登録&いいね
面談内容未定

ブレインダンプ

ブレインダンプという言葉を聞いたことがない人がほとんどだと思います。
今回のブレインダンプは「あなたができること」と「お客さまのニーズ」を書き出し「接点を見つける」作業。実は、この販売ページもブレインダンプをして書いています。ブレインダンプをすれば「何を書けばいいのか分からない」「ネタ探し」から抜け出せます。

これも学べる「アメブロ集客編」

アメブロに特化したことや集客全般に応用できること。実は、どの項目も同じような視点に基づいています。なぜか、アメブロをやっている人は欠落している人が多いと感じる重要な視点です。おそらくアメブロガーは他人の真似をする人が多いからだと思います。

アメブロで集客すべき相手とは?

アメブロ集客では、あるタイプの人を集客するとうまくいきます。これは「ターゲット(絞り込んだ見込み客)」とは違う集客相手のことです。逆にあるタイプの人に目が向くと苦戦します。ホームページやインスタで集客する人と違うタイプのアメブロで集客すべき相手をお教えします。

アメブロで集客すべき相手“その2”

アメブロ集客がうまくいかない人は、この視点がないか弱いです。この人を集客する意識があれば記事の書き方も読者登録もいいねも間違えないはず。前の項目と違うアメブロで集客すべき相手を教えます。ごく簡単なことなのに案外できない相手です。

日記を書くと集客できない。その明確な理由とは?

多くの飲食店のブログには日記が書かれています。ブログはネット上の日記なので、集客しないのであれば間違ってはいません。しかしながら、集客するブログに日記を書いてはいけません。その理由は、あなたが有名人ではないから。
もう一つ、日記を書く人はある視点が決定的に間違っているのです。実は、この視点が間違っていなければ日記を書いても集客できる。その視点とは?

お店の日記を書いて集客するためのある質問とは?

前述で「日記」と言ったのはプライベート記事のことですが、実は「本日のランチは〇〇」とか「□□が焼きあがりました」のような「お店の日記」も集客にはあまり役立ちません。お店の日記を集客に役立たせるためには、「ある質問」を自問自答すればOK。お店の日常を集客に役立出せる「ある質問」とは?

お客さまのための記事が空回りしない方法

日記を書かなくなると「お客さまに役立つ記事を書こう」と頑張るのですが、私が見るかぎり「空回り」している人が多いと感じます。「日記を脱した人が陥る罠」と言えるかもしれません。お客さまのための記事が空回りしないために具体的にやることがあります。この作業を実践すればこの方法なら必ずお客さまに喜ばれる記事が書けるようになり、集客にも役立ちます。

集客できる読者登録、集客できない読者登録

誰でもいいから読者登録をすれば集客できるわけではありません。集客するために読者登録をする相手、読者登録してはいけない相手を教えます。聞いたら「当たり前のこと」と思うでしょうが、多くの人が間違えています。「ある誘惑」に負けると失敗しやすいので要注意。
読者登録代行の仕事があるので、そういう人が適当にやっているのかもしれませんが…。

集客できるいいね。集客できないいいね

読者登録といいねは少し違った視点で相手を考えます。付け方というよりも「やってはいけないこと」がポイント。正しく「いいね」を付ければ「いいね」だけでも集客できます。読者登録は手間がかかるけど、いいねは簡単なのでコツを掴むと強力な武器になります。

最低限必要の情報とは?

「これが書いてなければ来店できない」という必要最低限の情報。なのに、これがキチンと書いてあるカフェや飲食店のブログを見たことがありません。
飲食店の人がお客さまの気持ちを考えないでブログを書いている証拠とも言えます。
必要最低限の情報は書いてないのに、余計なことは書いてあったりするのです。ここを修正するだけでも来店される可能性が高まります。

「タイル」デザイン、「リスト」デザインにすると集客できない理由

デザインは「スタンダード」ブログ記事の表示数を5か10にする。これには、明確な理由があります。理解している人は絶対に「タイル」「リスト」にはしません。実は言われてもピンとこない人が少なくないのですが、この理由が理解できない人には大きな壁が立ちはだかります。

これも学べる「集客基礎編」

アメブロ集客はテクニックが主。テクニックは短期間で効果を発揮しますが次第に行き詰る。集客に行き詰まらないように集客基礎的なことも学べます。

「集客とは?」すべてを始める前に絶対に意識しないといけないことは?

集客は、客を集めると書きます。現実は「逆」
店がお客さまを集めるのではなくて、店がお客さまに選ばれているのです。『お客さまに選ばれたら来店してくれるのです。』
店が溢れ、モノが溢れ、情報が溢れかえる現代では「美味しければ選ばれる。店の存在を知ってもらえば選ばれる。」なんてことはありません。選ばれるためには「あるポイント」を意識しなければいけません。

女性性の時代と言われる現代で意識すべきポイントとは?

現代は女性の時代とか女性性の時代と言われます。店、モノ、情報が溢れることと併せて、女性性の時代の特長での「選ばれる」ポイントがあります。トイレが重要とか接客が重要とかビジュアルが重要とかもあるのですが、最も女性的な「あるポイント」を意識すると集客もお店の運営もスムーズにいきます。
実は、女性性が強い人ほど難しい。だから、女性起業家が女性客を数多く集客できないと私は思っています。

店名やメニューを知ってもらっても集客できない。知ってもらうのは「価値」。価値をお客さまに伝えることができる「2つの質問」とは?

個人商店の場合、店名やメニューと価格、お店の内容や住所などを知ってもらうだけでは、多少の来客が増えたとしても「集客した」と言えるほどお客さまは増えません。ピザ屋などの有名店とはチラシの意味が違うのです。
無名な個人商店は、店名などでなく「価値」を伝える。価値とはお店の特長ではありません。アメブロに溢れかえる「〇〇が自慢のカフェ」とかではイマイチです。価値を伝えるためには「2つの質問」を自問自答すればOK。価値をお客さまに伝えることができる「2つの質問」とは?

アピール下手だから集客できないを卒業

売り込みが苦手、アピール下手を強調する人がいますが、自分の口から「アピール下手をアピール」していたら集客はできません。ネガティブアピールはやめましょう。
今の時代はぐいぐいアピールしてくる人は引かれます。なので、アピール下手は悪いことではない。ですが、集客をしないで控えめアピールではお客さまは増えません。
アピール下手のほうがうまくいく時代特有の理由があります。これを知ったらアピール下手だから集客できないを卒業して「これ!私に合った集客法だ」と思ってもらえると思います。

楽しそうなところに人は集まる。楽しそうなブログは集客できない

アメブロやフェイスブックには「楽しいところに人は集まる」に乗せられた人が絶賛増殖中です。「楽しそうなところに人は集まる」は事実ですが、「楽しそうなブログでは集客できない」。ブログを見れば分かりますが、「コメントが多いブログ」「集合写真、自撮り写真の楽しそうな写真を多数アップしているブログ」は、盛り上がっているようですが集客できている気配が少ない。対して、集客できているブログ、人気店のブログは、ブログそのものは盛り上がっていません。人気店ほどコメントが多いなんてことはありませんよね。人気という魔物に惑わされない方法を教えます。

素のままの自分100%だと集客しにくい理由とは?

ありのままの自分100%でブログを書いたら、よっぽど魅力的な人=スター性カリスマ性が強い人以外は集客できません。というか、読まれません。
あなたは普通の人だと思うので、素のままのあなた100%ではなく多少の「キャラ設定」が必要です。来店時に悪い意味のギャップをなくして、集客につながるキャラ設定があります。ブログ内だけでなく、お店でも同じ気持ちでいると客層が良くなり、リピーターにつながるキャラ設定とは?

集客は、接客である

集客を勉強し、集客ができるようになってくると必ず接客が質が上ります。集客は本質的には接客と同じだからです。
良い接客のためには、お客さまのことを考えますよね。ところが、日々の仕事に追われるとお客さまのことを考える気持ちが薄れ自己中な考えになりがちではありませんか。ついついお客さまの悪口を心の中で言ってしまったり…。良い集客も「お客さまのこと考え、お客さまを喜ばせる」ことをやるので、意外にも集客ができるようになると接客の質が上がるのです。

集客は、あなたが来店して欲しいを集める

来店して欲しい人の来客が増えてくると「対お客さまストレスが減る」
価値を感じた人や想いに共感した人が増えると開業後の新たな目標に進みやすい。
現実的には、カフェのように客単価が低く、ノリで来店する人が多い職種は全員が来店して欲しい人になるのは難しい。というか、ある程度はノリで来店する人やたまたまの来店もないと一日何十人何百人という客数はこなせない。それでも、来店して欲しい人を呼び、リピーターになるような集客をするとよいことしかない。

受講のスタイル

以下の4つのツールを使ったマンツーマンオンラインスクール

  • 会員サイト:コンテンツ
  • チャットワーク:質問、添削等
  • スカイプor音声チャット:音声通話の面談
  • フォローメール
会員サイト:コンテンツ

会員サイトにテキストになるコンテンツをアップします。
各自ログインしてコンテンツを見る。24時間好きな時間に観覧可能。

無料会員サイト

【例】無料会員サイト

チャットワーク:質問、添削等

質問や添削依頼、ファイルの提出などは、チャットワークを使います。
チャットワークは、ラインとメールを合わせたような感じです。使ったことがなくてもすぐに慣れると思います。
※文字のやり取りだと効率が悪い場合&希望者は音声チャットを併用します。

一対一のやり取り。
期間中いつでも何度でも利用可能。

チャットワーク

メールとラインを合わせたような感じ

チャットワークがどのようなものか分からない人はこちらをご覧ください。
https://go.chatwork.com/ja/
使い方が心配な人は、登録してみてください。チャットワークの人から電話かメールが来て使いかを教えてもらえます。実は、私も使ったことがなかったのですが、チャットワークの人とやり取りをしてみてやり方が分かりました。
スカイプor音声チャット:音声通話の面談

月に一度スカイプで音声通話の面談をします。

直接の話で質問をしたい場合もご利用になれます。

音声通話だから、お互いの顔を見ない。部屋着でもノーメイクでもどこにいてもOK.

フォローメール

不定期でフォローメールを送ります。

【ビデオ受講はありません】

オンラインスクールというとリアルタイムのビデオ受講を想像する人がいるかもしれませんが、ビデオ受講はありません。
動画コンテンツもありません。

顔出しのスカイプやビデオチャット(テレビ電話みたいなもの)は使いません。

価格ついて

料金は、3か月間の受講で【37800円(税込)】一括先払い(銀行振込)

内訳:1か月10800円×3か月・初回カウンセリング料5400円
※4か月目以降継続の場合は3か月=32400円

募集期間

受付終了(現在は受付停止中)

無料相談会

アメブロ集客スタートアップクラスに、「興味あるけど初めてだから不安」「気になることがあるから質問したい」「どんな人なのか少しは知りたい」などの不安がある方のために、スカイプで無料相談会を行います。

【30分無料】

相談内容は「アメブロ集客スタートアップクラスの気になること」はもちろんのこと、アメブロのこと、集客のこと、カフェの中身のことなどをご相談ください。直接話すことで最も重要な「相性」がある程度分かると思います。

「アメブロ集客スタートアップクラス」に申し込む気持ちがあることが前提ですが、話してみて合わないと思えばお申し込みいただかなくて結構です。

日時は、互いの都合を調整して決めます。

もっと長く相談したい人は、【カフェ集客相談会one-time-consult 90分5400円】をご利用ください。

内容 「アメブロ集客スタートアップクラス」に関する質問
料金 完全無料
時間 30分
日時 応相談
使用ツール スカイプ

もっと長く相談したい人は、【カフェ集客相談会one-time-consult 90分5400円】をご利用ください。

講師紹介

申し遅れましたが、改めまして堀内芳昌と申します。プロフィール写真
簡単に自己紹介させてください。

堀内芳昌(ほりうちよしまさ)
1964年4月6日東京都生まれ。埼玉→神奈川→広島在住

調理師専門学校卒→飲食の道に進むも一年あまりで離脱→アパレル業に転職。メンズのファッション販売。その後レディースに転職→雇われ責任者でカフェ開業、運営、退社。その後、広島に転宅。

18年前に妻が起業した事業に参画する形で自営業をスタート。当時からいくつかの仕事をやっていましたが、メインは紅茶の販売。飲食店への卸と一般の人への小売業や教室、イベントなどを行っています。

また、専門学校のカフェビジネス科で調理実習と紅茶の非常勤講師をカフェの通信講座の講師もしています。

通信講座・出版・専門学校非常勤講師

美味しい紅茶と出会い、紅茶を販売する。あなたもそうかもしれませんが「美味しいのだから売れないわけがない」と思って仕事をしていました。しかし、現実は違った。ある程度は売れるけど、目標には届かない…。お金は回しているけど少しずつ借金が重なっていく日々。

元々「作る」のが好きで集客とか宣伝が苦手だった。
接客は好きだけど、口下手アピール下手なので集客や宣伝をしないで売りたかった。けど、それでは売れない。

「売れる商品を作る」「売り方を考えた」「知ってもらえば売れる」と思い、広告、協賛、イベント、雑誌、新聞、テレビ、インターネットetc…有料・無料を問わずいろんなことを試した。けど、うまくいかない。たまに少し当たるくらい…。古い考えから抜け出せない劣等生の私は、たくさん失敗をして、少し成功するの繰り返し…。

あるきっかけから小売業の売り方や集客を学んだ。

「時代の違い」「企業と自営業の違い」「有名店と無名店・小規模店の違い」などを学び、気付きがあり「目から鱗が落ちた」「仕事に対する感覚が180度変わった」と思った。

そして、初めて集客や売上アップの核心を掴んだのがアメブロ。

「なんとなく当たった」ではなく、確信をもって「これは当然売れるよね」と思った。その後、ホームページなどに活かしV字ではないけど回復し借金はなくなりました。

そして、自分で集客するようになって「目的をもって仕事ができるようになった」のも大きかった。

3年以内半数、9割が10年以内に廃業する中、おかげさまで18年続けております。

追伸1

紅茶の卸をカフェや飲食店に卸をしている関係と教室や講師をしているので毎年5~6軒くらいのカフェや飲食店の開店に接しますが、同じくらいのお店が閉店する。ここ2~3年くらいは取引先とかは関係なく、好きだったカフェが閉店する。業態変更する。業務を縮小する。など、悲しい出来事が増えました。

中でも「美味しい店がなくなる」「素敵なカフェがなくなる」それなのに「美味しい店の近所のそうでもない店は生き残っている」。心の中で地団太を踏むような悔しさがこみ上げてきます。

あなたの店のような美味しい店に頑張って欲しいんです。

夢を叶えて開業した。開業したら続ける。ショボい店は潰れてもいいからあなたの素敵な店は生き残り、生涯の仕事として欲しいのです。

そのためには、利益を上げ、お金を残す。そして、成長を続ける。成長のためにお金を使う。

利益を上げるためには、売上げを上げる。

売上げを上げる第一歩は、お客さまを増やすこと。

口コミやマスコミやSNSを見て偶然の来店を期待する、もっと言えば他人の力を頼るのではなく「自分で集客する」ことです。

お客さまを増やすことができたら「客単価アップ」「リピーターを増やす」に取り組めば売上げは必ず上がります。

そう言われても何をすればいいのか分からないでしょうから、私が力を貸します。一緒に頑張りませんか?

「美味しい店が潰れた」「素敵なカフェが閉店した」と嘆いてていても状況は改善されないので立ち上がりました。

本当は、作ることが好き、考えることが好きで、教えることは得意じゃないのですが、そんなことは言ってられません。妙な不安と興奮で胸がぞくぞくと躍るような気持ちです。

日々の仕事、日々の暮らしや家庭の事情、集客や売上げの悩み…。私にも似たようなことがあったので、あなたの悩みや苦しみは全部じゃないけど少しは分かります。

頑張っているけど、うまくいかない人は、ちょっと視点がズレていたり、ボタンの掛け違いだったり…。

頑張る方向がズレているだけのはず。そこを修正すれば、上向くはずです。それには「第三者の目」が有効だったりします。視点のズレって自分では気が付きにくいですらね。

私は、この仕事をするまでパソコンに触ったこともないアナログ人間。過去の成功体験から抜け出せなかった頭の固い劣等生。そして、想いをもって起業したわけではないゆるフワ人です。

あなたは想いをもってカフェ開業した聡明で勇気ある起業家です。きっと私よりも早く客数アップ、売上アップに辿り着けるでしょう。

わたしもできる限りお手伝いをしますから、一緒に頑張っていきませんか?

プロフィール画像共に学び、共に成長しながら、来店して欲しい人を集客し、売上げアップと安定経営を目指しませんか。

堀内芳昌