シナモンアップルティーの作り方

シナモンアップルティー

こんにちは。紅茶専門店ティークラブの堀内芳昌です。

「生のリンゴ」「シナモンスティック」「アッサムCTC紅茶」で、「ジャンピングティーポット500ml」「ガラス製ティーポット300cc」を使って作る一人~二人分のシナモンアップルティーの作り方を紹介します。

シナモンアップルティーの作り方

シナモンアップルティーの材料と道具(ティーカップ2杯分)

  • リンゴ……100~150g=小サイズ1/2・中サイズ1/3・大サイズ1/4個程度
  • アッサム茶葉……4g(ティーメジャー1杯)
  • シナモンスティック
  • 湯……300cc
  • 砂糖やはちみつ……お好みで(癖の少ないもの)

シナモンアップルティーの作り方

  1. リンゴとシナモンスティックの準備
  2. 紅茶をいれる
  3. リンゴとポットを温める
  4. 紅茶を注ぎ、保温して時間をおき、リンゴの甘みと香りを移す
  5. カップに注ぎ完成

シナモンアップルティー

リンゴの準備

リンゴは皮つきのまま洗い、5mm幅くらいのイチョウ切りにする。

小サイズ六等分・中サイズ六等分~八等分・大サイズ八等分くらいが目安。

リンゴは香りと甘みが強いものがむきます。王林が第一候補。黄色いリンゴはむくものが多い。酸味が強い紅玉などはむいていません。

シナモンスティックの紙をはがす。なお、シナモンパウダーはむいていません。

リンゴの切り方

くし形に切ったリンゴを4~5㎜幅にスライス

紅茶をいれる

アッサムのストレートティーを基本通りにいれる。紅茶はコクがあるけど渋みや癖がない「アッサムCTC」がおすすめ。

リンゴとポットを温める

紅茶を蒸らす間に、リンゴを入れたジャンピングティーポットに湯通しをして温める。

ジャンピングティーポットにリンゴを入れ、湯を注ぎ、一呼吸おいたらすぐに湯を捨てる。長く置くとリンゴの風味が抜けるため短時間にする。

水滴が残らないようにティーポットの外側をきれいにふく。シナモンスティックを入れる。

リンゴの分量が少ない場合はティーポットだけをしっかりと温めればよいのですが、リンゴの分量が多い場合はリンゴを温めないと紅茶が冷めやすくなります。シナモンスティックは湯通しをしてもしなくてもOK。

キャンドルは保温なので、紅茶を温める(加熱する)効果はありません。

シナモンアップルティー

紅茶を注ぎ、保温して時間をおき、リンゴとシナモンの甘みと香りを移す

ここがポイント注意点
リンゴと紅茶を一緒に抽出するのではなく、蒸らし終わって茶葉を抜いた紅茶にリンゴの香りや甘みを移す。時間をおくとリンゴの甘みや味が紅茶に移る。

蒸らし終わったアッサムティーの茶葉を濾しながら注ぐ。

キャンドルをつけ、ウォーマーにのせ、保温しながら30分~1時間置く。最低でも10分は置きましょう。

10分置けば香りは移りますが、甘味の移りは弱いです。時間を置くことで香りだけでなくリンゴの甘み紅茶に移ります。シナモンも同様で短時間でも香りは移りますが、長く置いたほうがより一層香りが出ます。

シナモンアップルティー

注意点
ティーポットの外側が濡れた状態で火にかけると破損することがあります。ティーポットの外側は水滴や紅茶がついていない状態でキャンドルにのせましょう。
キャンドルは保温用をお使いください。固形燃料などの加熱用はむきません。
シナモンアップルティー

写真用なのでキャンドルに火をつけていません

カップに注ぎ完成

あらかじめ温めておいたティーカップに注ぎでき上がり。

30分以上おけばリンゴの香りだけでなく甘みも移り、砂糖を入れたくらい甘くなっているはずです。ただし、リンゴが甘くないとアップルティーの甘みも弱いです。甘みが弱い場合は、お好みで砂糖やはちみつを加えててください。

シナモンナップルティー

生のリンゴ、シナモンスティック、アッサムCTC紅茶で作るシナモンアップルティー。

ナチュラルなリンゴの香りと甘みが紅茶に溶け込んだ香りと甘みは、市販のフレーバーティーとはまったくの別物。リンゴと相性の良いシナモンの香りも紅茶の味もちゃんとします。

はじめて飲んだ人はほとんどが目を丸くして喜びと驚きの表情をします。そんなリンゴとシナモンと紅茶のナチュラルな香りと甘みを種しめるシナモンアップルティーをぜひ作ってみてください。

シナモンアップルティーのおすすめアイテム

「美味しい紅茶は元気の源」「おうちの紅茶が一番美味しい」そう思えるような紅茶のあたらしい楽しみ方を綴っています。

関連記事