スコーンの作り方「3」最速で最短の方法

こんにちは。紅茶専門店ティークラブの堀内芳昌です。

この投稿では、スコーンの作り方その3として「最速で最短の方法」を紹介します。

フードプロセッサーを使いますから、フードプロセッサーを持っていない方は残念ながらできませんが、作りはじめから焼き上がりまで30分もあればでき上ります。

スコーンの作り方を「1・手で作る方法(ベーシック編)」「2・フードプロセッサーを使う方法」「3・最速で最短の方法」「4・手で作り道具を使わない方法」に分けて紹介している第三回目。

スコーンの作り方「3」最速で最短の方法/材料

【材料】四人分(やや小ぶりのスコーン8個分)

  • 薄力粉(ドルチェ)・・・140g
  • 強力粉(はるゆたかブレンド)・・・60g
  • ベーキングパウダー(アルミフリー)・・・5g
  • きび砂糖・・・18g
  • 塩(ゲランド)・・・2g
  • バター(無塩発酵)・・・50g
  • 全卵・・・40g
  • 牛乳・・・40g

スコーンミックス粉
ティークラブで販売しているスコーンミックス粉(粉類と砂糖塩)は、このレシピをベースをした配合で作っています。ベーキングパウダー以外の添加物を使っていない「手作り派のためのスコーンミックス粉」です。→スコーンミックス粉

材料は、スコーンの作り方「1・手で作る方法(ベーシック編)」「2・フードプロセッサーを使う方法」「3・最速で最短の方法」「4・手で作り道具を使わない方法」すべて同じです。

スコーンの作り方最速で最短の方法/作り方概要

  1. フードプロセッサーに粉類、砂糖、塩を入れ、10秒ほど回す。バターを入れ、20~30秒回す
  2. 卵と牛乳を混ぜたものを加える。フードプロセッサーを小刻み回し、粉類と水分を馴染ませる
  3. 粉類と水分が馴染んだら連続で回す。一かたまりになりかけたらストップ
  4. 粉をふったまな板などに生地をのせ、麺棒で約2cmの厚さに伸ばす。直径6㎝くらいの抜型で抜く。残りの生地はまとめ、2cmの厚さに伸ばし4等分に切る
  5. 生地の表面に卵(分量外・材料の残り)を塗る。紙を敷いた天板に並べ、予熱したオーブン200℃前後で15~20分焼く。焼き上がったら網に乗せて粗熱をとる ※温度・焼き時間は調整してください

スコーンの作り方最速で最短の方法/作り方詳細

Step0.下準備

バターを1cm角または薄切りにする。
計量した卵と牛乳をあわせておく。
材料をすべて1時間以上冷やす。このやり方は粉類も冷やす。

1.フードプロセッサーに粉類、砂糖、塩を入れ、10秒ほど回す~

フードプロセッサーに粉類(薄力粉・強力粉・ベーキングパウダー)、砂糖、塩を入れ(※スコーンミックス粉を使う場合、脱酸素剤は取り除く)10秒ほど回す。粉類をふるうかわりの作業です。

バターを入れ、20~30秒回す。

スコーンの作り方1

スコーンの作り方1

2.卵と牛乳を混ぜたものを加える~

卵と牛乳を混ぜたものを加える。

スコーンの作り方2

フードプロセッサーをガッ、ガッ、ガッと小刻み回し、粉類を水分を馴染ませる。小さなそぼろ上のかたまりが全体にできてきたら水分が馴染んでいます。※写真を撮り忘れました。

3.粉類と水分が馴染んだら連続で回す~

粉類と水分が馴染んだら連続で回す。一かたまりになりかけたらストップ

↓小さなそぼろ上だった生地が徐々に大きな団子状のかたまりになります。フードプロセッサーの片側に固まりだしたらストップの合図。

スコーン作り3

一かたまりになる手前。止めてよい

↓さらに回すと大きなかたまりになり、手を添えていないとフタが外れるくらいになる。回す限界。これ以上まわすと「こねすぎ」の状態になる。フードプロセッサーが自然と止まる場合もある。

スコーン作り3

まわす限界

4.粉をふったまな板などに生地をのせ、麺棒で約2cmの厚さに伸ばす~

冷蔵庫で冷やした生地を粉をふったまな板などにのせ、麺棒で厚みが2㎝くらい、抜型をのせてみて4個抜ける大きさまで伸ばしましょう。

この方法は四角く伸ばしにくい。丸めになる。
スコーン作り4

直径6㎝くらいの抜型で4個分抜く。

スコーン作り4

残りの生地は一まとめにし、2cmの厚さに伸ばしたら、4等分に切りましょう。2回目は抜かないでカットします。3回目の生地を出さないためです。

スコーン作り4

5.生地の表面に卵を塗る~

生地の表面に卵(分量外・材料の残り)を塗る。

スコーン作り5

紙を敷いた天板に並べ、予熱したオーブン200℃前後で15~20分焼く。焼き上がったら網に乗せて粗熱をとりましょう。

※オーブンの性能によるので温度・焼き時間は調整してください。温度190~210℃。焼き時間15~20分

生地を作る作業は10分以内でできる

作り出す1時間以上前に計量などの下準備をしておく

生地作り:フードプロセッサーに粉類、砂糖、塩を入れ、10秒ほど回す~~生地を作り、オーブンに入れる
まで、10分程度でできます。

この日は写真を撮りながら作りましたが、10分少々でできました。私は慣れていますから、写真を撮らなければ5~6分くらいでできます。

焼き上がりまで30分以内

生地作り~焼き上がりまで30分程度ででき上がります。

焼き時間が15~20分かかりますから、これ以上時短するのは無理ですね。

粉をしっかりと冷やしてあればバターや卵などの下準備は、作りはじめにやっても大丈夫です。元々冷蔵庫で冷えているからです。つまりは、粉さえ事前に冷やしておけば、下準備の作業はなくても大丈夫ということ。そのやり方なら、作りはじめから焼き上がりまで30分程度で完成です。

焼き上がりの状態

ベーキングパウダーが少ないので、口は大きく開きませんが、「1・手で作る方法(ベーシック編)」「2・フードプロセッサーを使う方法」よりもイギリスのスコーンぽい見た目に焼き上ります。

生地を休ませないため、ふっくら軽めに焼き上ります。少し軽すぎるため、この作り方の場合は、牛乳を10~20g増やしたほうがよいかもしれません。

スコーン焼き上り

クリームティーしよう

スコーンを楽しむティータイムはクリームティー。

たっぷりのミルクティー。スコーンにクロテッドクリームとジャムを用意しましょう。

半分に割ったスコーンにクロテッドクリームとジャムをのせていただきましょう。相棒はミルクティーがおすすめ。ストレートティーでもよいのですが、ミルクティーがより一層スコーン+クロテッドクリーム+ジャムの風味を引き立てます。

↓焼き直したスコーンにクロテッドクリームとローズジャムを合わせました。

クリームティー

焼き色が濃いのはオーブントースターで焼き直したから。

スコーンの作り方

1・手で作る方法(ベーシック編)
2・フードプロセッサーを使う方法(フードプロセッサーと手作りの混合)
3・最速で最短の方法←このページ
4・手で作り道具を使わない方法

次なるスコーンの作り方でも、実験と、実践と、実体験をしていきます。よろしければ、また見に来てください。

紅茶専門店ティークラブの堀内芳昌が「紅茶を楽しむブラウンベイク」と「好き」を綴っています。

関連記事