スコーンの4つの作り方まとめ

スコーンの4つの作り方まとめ

こんにちは。紅茶専門店ティークラブの堀内芳昌です。

前回までの投稿でスコーンの作り方として「4つの作り方」を紹介しました。この投稿では、4つの作り方に関しての簡単なまとめをします。

スコーン「4つの作り方」

  1. 手で作る方法(ベーシック編)
  2. フードプロセッサーを使う方法(フードプロセッサーと手作りの混合)
  3. 最速で最短の方法
  4. 手で作り道具を使わない方法

4つの作り方で個人的に好きな順番は、「2」→「1」→「3」→「4」です。

「1」と「3」の差は少なく同じくらい。ただ、生地を休ませない方法はあまり好きではないので、「3」の作り方で途中生地を休ませれば、「3」が2番目に好きな方法に昇格します。

フードプロセッサーを持っている方は、「2」でも「3」でも構ないので、フードプロセッサーを使うことをおすすめします。

作り方によるスコーンの味の差は少なかった

正直な感想をいうと「作り方による味の差は、思っていたほどなかった」です。もちろん差はありますが、思ったほどではなくて好みの差といえるくらいなのかなぁと思いました。

特におうちで作り、自分たちで食べるのでしたら、作り方の好みで選んでもいいのかなと現時点では思っています。

今後は作り方の細かいポイントの違い、例えば「生地を休ませる・休ませない」「切って重ねるの回数」などをチェックしてみます。違いなどが分かったら投稿しますね。

切って重ねるvsこねる

  • 「1」「2」カードで生地を切って、重ねる、を繰り返しながら生地をまとめる方法
  • 「3」「4」軽くこねながら生地をまとめる方法。
切って重ねるのメリット
グルテンがでにくい
四角く生地をまとめやすい
切って重ねるのデメリット
カード(お菓子作りの道具)を持っていないとできない
慣れないうちはやりにくいかもしれない
こねるメリット
道具がいらない
お菓子作り慣れていない人でもやりやすい
こねるデメリット
やり方によってはグルテンがですぎる
温度が上がるとべたべたする

生地をまとめる際に「切って重ねる」「こねる」は、どちらでも構いません。やりやすいほうで作ってください。個人的には切って重ねるが好きですが、お菓子作り慣れていない方は、こねるほうがやりやすいと思います。

切って重ねるvsこねる

途中で生地を休ませる・休ませない

  • 「1」「2」途中で生地を休ませる
  • 「3」「4」途中で生地を休ませないで、一気に焼き上げる

「1」「2」と「3」「4」で、途中で生地を休ませる・休ませないの違いがありますが、作り方も違うため正確な答えが出せません。

「4」の時に「すぐに焼く」のと「休ませてから焼く」試してみましたが、この場合は思ったよりも差が少なかったです。また、「3」は休ませないで焼き上げましたが、思いのほかいい感じにでき上がりました。

個人的には休ませた方が好きですが、おうちで作る場合、大差がないのなら休ませなくてもよいのかなぁと思ってきています。

「途中で生地を休ませるvs休ませない」に関しては、再度試してみますので、今しばらくお待ちください。

ただし、一つだけ。途中で生地の温度が上がり、生地がベタベタしてきた時は、冷蔵庫で休ませたほうがよいです。ベタベタしているのに無理やりまとめようとすると手やボールに生地がくっついてしまったり、焼き上りが固くなったりします。

途中で生地を休ませる・休ませない

最も簡単な方法

簡単な方法は、個人差があるため何とも言えませんね。私は「3」がダントツに簡単で「4」は個人的にはやりませんが、「4」が一番楽だと思う人は案外多いと思います。道具を使うことにハードルの高さを感じる人がいるからです。

今後もう少し検証をしてみますが、まずは自分がやりやすそうだなぁと思うやり方で作ってみてください。私のおすすめは、「2」→「1」→「3」→「4」です。

よろしければ、また見に来てくださいね。

「美味しい紅茶は元気の源」「おうちの紅茶が一番美味しい」そう思えるような紅茶のあたらしい楽しみ方を綴っています。

関連記事