バターを使わないバナナケーキの作り方

バターを使わないバナナケーキの作り方

こんにちは。紅茶専門店ティークラブの堀内芳昌です。

キャロットケーキの作り方を応用してバターを使わないバナナケーキを作りました。

生地も焼き上りも問題なく、味は普通に美味しかったです。バターケーキタイプのバナナケーキに比べ風味はややアッサリとして軽めです。

ティータイムはもちろんのこと朝食や軽いランチにミルクティーのお供におすすめできます。

はじめて作ったレシピですが、安定していたので紅茶と楽しむブラウンベイクとして紹介します。

バターを使わないバナナケーキの材料(15㎝丸型×1)

  • 全卵・・・2個(112gでした)
  • 甜菜糖・・・85g
  • グレープシードオイル・・・85g
  • 薄力粉(ドルチェ)・・・60g
  • 強力粉(はるゆたかブレンド)・・・60g
  • ベーキングパウダー(アルミフリー)・・・3g
  • くるみ・・・60g
  • バナナ・・・2本(254gでした)
  • レモン果汁・・・1/2個分

バターを使わないバナナケーキの作り方

【下準備】

材料を室温にする
クルミは160℃のオーブン10分焼き冷ます
薄力粉・強力粉・ベーキングパウダーを合わせてふるう
型に紙を敷く
オーブンを190℃で予熱する
バナナはフォークなどで潰しレモン果汁を混ぜる

【作り方】

  1. 全卵をときほぐし甜菜糖を混ぜる。5分ほど置き甜菜糖を卵に馴染ませる。
  2. ハンドミキサーの高速でしっかりと泡立ている
  3. ハンドミキサーを低速にして混ぜながらグレープシードオイルを少しずつ加える
  4. 粉類を一度に加え木べらで混ぜる。粉がほぼ見えなくなったらバナナを加え混ぜる
  5. バナナが馴染んだらクルミを加え混ぜる
  6. 紙を敷いた型に生地を移し表面をならす。天板に乗せオーブンに入れる。170℃に下げ50分焼く
  7. 焼き上ったら型を台などに打ちつける。熱い蒸気が抜け生地が少ししぼむ。生地が柔らかく高さのある焼き上がりになるため10分くらい型に入れたまま網にのせ生地を落ち着ける。
    焼いた時の上の面が下になるように網にのせる。型をはずし、紙をはがし、冷ます。粗熱が取れたらビニール袋などで覆い、焼いた時の上の面を上にして、さらに冷ます。
    翌日以降が食べごろ。冷蔵庫で保存し、食べる時は室温に戻す。

バターを使わないバナナケーキの作り方

バターを使わないバナナケーキの感想

バターを使っていないのでややアッサリしていますが、物足りない感じはなくて、ちゃんとケーキになっています。

あっさりし過ぎていると感じましたら、ホイップした生クリームを添えたり、チーズフロスティングをのせてみてください。一気にケーキ感が高まるでしょう。

応用が利くレシピなので、砂糖やオイルの種類を変えたり、スパイスを加えたり、レーズンを入れたりしてもいいと思います。

また、キャロットケーキと同じようにクリームチーズフロスティングをのせると見栄えも味わいも1ランク昇華するでしょう。乳製品を使いたくない場合は、粉糖とレモン果汁のアイシングをしてみてはいかがでしょうか。

一つだけ注意点をいうと、焼いた当日に食べないでくださいね。風味もしっとり感も弱いです、翌日以降、できれば24時間以上経ってからが食べごろです。

堀内芳昌

堀内芳昌紅茶専門店ティークラブ

「紅茶を楽しむブラウンベイク」と「好き」を綴っています。好きを生涯の仕事に、好きを趣味に、シンプルに生きたいです。

関連記事

紅茶専門店ティークラブ