Blog

カフェ繁盛のレシピ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 売上アップの黄金律
  4. カフェの利益を出すためやることは“一つだけ”
カフェの利益を出す方法

カフェの利益を出すためやることは“一つだけ”

カフェの利益を出すためにできることは2つ

  • 売上げを上げる
  • 経費を抑える

これしかありません。

利益を出したければ「“売上げを上げる”に全力を尽くす」

何故なら、経費を抑えるを先に考えると売上げが上らないからです。

  • 材料費を下げる→味が落ちるか量が減る
  • 人件費を下げる→サービスが低下する
  • 店舗経費を抑える→雰囲気やサービスの低下
  • 食器などを低価格にする→雰囲気やサービスの低下

代表的な例ですが、お客さまにとってマイナスしかない。

「人件費が少なければ、多少売り上げが低くてもやっていける」とか「内装や食器を安価にする」などは、100%お店の都合であり、お客さまには不都合でしかない。

お客さまを喜ばせる以前に数字上の利益を追っているわけです。

経費削減は、言ってみれば「マイナス思考」お客さまのHAPPYにつながらないので売上が上がりにくい。

客単価が上がらない

何より厳しくなるのが、経費を抑え売ことを考えると「客単価を上げることができない」こと。

「売上げを上げる3つの方法」の一つ『客単価を上げる』ができない。

「経費を抑えることで、カフェの内容が今一つだから単価を上げられない」のも一因ですが、それ以上に大きいのが「類友の法則」です。

「経費を抑える人も元には、経費を抑える人が集まる」「貧乏性の人の元には、貧乏性の人が集まる」。お金を使わないマインドの人が集まるようになると客単価を上げられないだけではなく、来店そのものを控える可能性もある。

「客単価を上げられない」「来店が少ない」となると、売上げをアップすることは難しい。いくら経費をおさえても売上げが上がらければ利益は残らない。

利益を出したければ『売上げを上げる=たくさんのお客さまを喜ばせる』を最優先してください。

カフェの市場は右肩下がり

関連記事