Blog

カフェ繁盛の
レシピ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. カフェ集客の基本律
  4. カフェの集客にSNSをすすめない理由
カフェのSNS集客法

カフェの集客にSNSをすすめない理由

カフェの集客にSNSをすすめない理由。正しくはSNSだけの集客をすすめない理由です。「公式ホームページ(独自ドメインサイト)+SNS」はアリです。

SNSだけで集客=情報発信しても弱い主な理由は下記です。

  • SNSはホームページではない
  • SNSは、そのツールを使っている人が見る
  • 伝えられる情報が限られる。最低限伝えたい情報すら伝えにくい
  • 情報が蓄積しない
  • SNSは交流サイト
  • SNSは毎日更新して効力を発揮する

この後、一つ一つ説明しますが、その前に「SNSだけの集客をおすすめしない一番の理由」

来店して欲しいを集められないからです。

SNSは、来店して欲しい人にアプローチがし難く、伝えたいことが伝えられないから、来店して欲しい集めにくいのです。有料ツールや有料広告を使えば、ある程度は来店して欲し人にプリーチできますが、無料では難しいです。

「好きなことを仕事にして、来店して欲しい人を集め、ストレスなく売上げアップを目指す」当サイト(私)の想いからズレてしまいます。

映えを狙ったり、口コミに頼ったりして、浮ついた人が来店してもOK.誰でもいいから来店すればラッキーと思うのなら別ですが…。

カフェの集客にSNSをすすめない理由

SNSは、ホームページではない

SNSがホームページじゃないことは分かっていると思います。しかしながら、SNSはホームページの代わりにならないことを意識してる人が少ないように思います。

何が問題なのか?

「公式な情報、重要な情報が伝わり難い」ことです。

たとえば、定休日や営業時間、臨時ニュース、メニューなどの重要な情報が「SNSでは伝わり難い」です。情報が蓄積しないし、情報を探しにくい、過去の情報を見る文化がないからです。

嫌というほど経験しています。
「定休日や営業時間が分からない」
この結果何が起こるのか?→「来店しない」です。仕方ないですよね、知りたいことが分からないのですから。

SNSはホームページに入り口にすべき

定休日や営業時間、臨時ニュース、メニューなどの最低限必要な情報はホームページでないと伝えにくいです。SNSでもできるだけ伝えたほうが良いのですが、限界があります。

SNSは、ホームページの入り口と考え、アクセスが集まる内容を更新することをおすすめします。

SNSはそのツールを使っている人が見る

インスタは、インスタをやっている人が見る
フェイスブックは、フェイスブックをやっている人が見る
ツイッターは、ツイッターをやっている人が見る
アメブロは、アメブロをやっている人が見る

インスタはやっていない人も見ていますが、重要な情報を見る文化はなく、フェイスブックはやっていない人は、ほとんど見ていないでしょう。見たとしても、やっていない人=見慣れていない人には非常に見難いし、知りたい情報を探すのが難しいです。

言い方を変えれば、そのツールを使っている人を集客できる可能性はあります。

伝えられる情報が限られる。最低限伝えたい情報すら伝えにくい

前述のように、定休日や営業時間、臨時ニュース、メニューなどの最低限必要な情報や重要な情報はSNSでは伝えにくいです。サイトの構成上仕方ないです。ブログと違って長文も読まれにくいですしね。

そもそも、SNSは交流サイトですから、お店の重要な情報は伝えにくいです。芸能人は、ファンが読んでいる前提なので、重要な情報を伝えることに使います。しかし、カフェの場合は知らない人が見るのですから、芸能人や有名人・著名人のSNSと同じように考えないほうが良いです。

SNSの情報は蓄積しない

SNSの利用の仕方は、タイムラインに流れてくる情報を見る人が多いです。タイムラインの情報は、ほぼ垂れ流し状態…。古い情報には興味もないでしょう。過去に遡ってみる文化もないですよね。

つまり、毎日定期的に更新、できれば一日2~3回更新しないと目に触れません。

ホームページやブログは、過去に遡って読む文化があります。サイト内の構成を工夫すれば、古い記事でも読んでもらえます。重要な情報は、トップページからリンク張るなどすればプッシュすることもできます。

SNSの情報は蓄積しないので、いくら重要な情報をアップしても見込み客には届きにくいです。

SNSは、交流サイト

SNSは、ブログやホームページと性質が少し違います。

SNSは、“つながり” が重要。そして、“共感” があって成り立ちます。知っている人に口コミするような感覚だったり、仲間内で共通の話題で盛り上がったりする感覚ですね。そもそも、交流サイトなのですから…。

つまり、SNSは公式な情報を伝えることに向いていないのです。

あなたがお客さまのために、自分のハートを丸裸にしてありのままをさらけ出して交流をしたい人ならSNSは有効です。また、ファン作りがうまい人や知らぬ間に人が集まっているような人ならSNSは強力な武器になるでしょう。

人間関係の構築が不器用な人は、SNSの有効活用は難しいと思います。

SNSは、毎日更新して効力を発揮する

SNSは、毎日毎日というよりも、その瞬間瞬間に数えきれないくらい多数の投稿が行われます。毎日投稿しないと目に触れません。顧客の目に触れてもらうには、できれば1日2~3回くらい投稿したいですね。

ですが、、忙しいカフェや飲食店の人が毎日投稿するのは難しくありませんか?

現実にも毎日更新している人よりも、数日に一回とか週に一回くらいの投稿の人が多いように感じます。中には今月の休みくらいしか投稿してない人もいますね・・。

SNSだけで集客できている人は、ここを読んでいないと思うので、ここを読んでいる人は集客に苦戦してる可能性が高い。おそらく毎日の投稿にも苦しんでいるでしょう。だとしたら、SNSでの集客を頑張るよりも別の方法に目を向けてはいかがでしょうか。

カフェ経営者はSNSは向かない?!

最後に大きな理由。『カフェの経営者は、SNSが向かない人が多い』と私は思っています。

カフェを営む人は、繊細で感受性が豊かな人が多い。職人気質、アーティスト系というか…。接客や人付き合いは好きだとしても、意外と内向的で人見知りの人が多いと感じます。接客は好きでも人間関係ってちょっと違いますからね。

ネットの人間関係って気軽で楽しいように見えて、案外難しいですからね…。

プライベートを出していくのもおすすめしません。チープさが出てしまったり、カフェと関係のないことで嫌われたする可能性があるからです。中でもペットや家族のことなどは共感されやすい反面、引かれる可能性も大きいので注意が必要です。

また、飲食店は忙しい。まめな対応ができません。

毎日投稿するのが難しい。そして、毎日投稿するとコメントなどの対応が煩わしくなる。まめに対応しないのならSNSをやる意味は弱いです。そもそも、ネット上のつながりって煩わしくありませんか?

カフェの人がお客さまとつながるのはカフェの店内。リアルで喜ばせることを考えれば良いと思います。ネット上のつながりはあってもいいけど、なくてもOK.

カフェの経営者でもSNSが向いている人や好きな人がいるでしょう。そんな人はやればいいです。向いていないと感じた人は、「流行っているから」「みんなやっているから」といって無理にSNSをやる必要はありません。

SNSは、ホームページの入り口

「来店して欲しい人を集め、ストレスなく売上げアップを目指す」のなら、SNSはホームページに入り口にするのがおすすめ。

SNS→ホームページ→来店の流れを作り、ツール内でアクセスが集まる内容を更新する。
ハッシュタグ検索にかかるように意識したハッシュタグをつける。
顧客が気になるキーワードを意識する。
リピーターではなく新規客を意識して運営してみてください。

このサイトで学んで作れるホームページのデモサイト(未完成です)

デモサイト1
デモサイト1
デモサイト2
デモサイト2

関連記事

プロフィール

堀内芳昌
プロフィール写真

広島で紅茶関連ビジネスを営んでいます。このサイトでは、私が実践し、試行錯誤しながら見つけた売上げアップ法をカフェ用にカスタマイズしたものをお教えしています。
紅茶の通販も講師業もパン屋もカフェも個人商店の商売繁盛の原則は同じです。
『来店して欲しい人を集め、ストレスなく売上げアップとカフェの運営をして、好きなことを生涯の仕事にしませんか?』

プロフィールはこちら≫