Blog

カフェ繁盛のレシピ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. カフェ集客の基本律
  4. SNSだけの集客が弱い理由
カフェのSNS集客法

SNSだけの集客が弱い理由

  • SNSは、ホームページではない
  • SNSの情報は蓄積しない
  • SNSは、交流サイト

公式ホームページ(独自ドメインサイト)+SNSではなく、SNSだけで集客=情報発信しても弱い理由の説明をします。

SNSは、ホームページではない

SNSがホームページじゃないことは分かっていると思います。しかしながら、ホームページの代わりにならないことを意識してる人が少ないように思います。

何が問題なのか?

「公式な情報、重要な情報が伝わり難い」ことです。

たとえば、定休日や営業時間、臨時ニュース、メニューなどの重要な情報が「SNSやブログでは伝わり難い」のです。

なぜなら
SNSは、そのツールを使っている人が見る媒体だからです。

インスタは、インスタをやっている人が見る
フェイスブックは、フェイスブックをやっている人が見る
ツイッターは、ツイッターをやっている人が見る
アメブロは、アメブロをやっている人が見る

インスタをやっていない人がインスタを見ないとは言い切れなし、フェイスブックをやっていない人がフェイスブックを見ないとは言い切れません。ですが、見慣れていない人には知りたい情報を探すのが難しい。知りたい情報に辿り着かないのです。

あなたが伝えるべき「定休日」「営業時間」「お知らせ」「想い」などにお客さまが辿り着きにくい。
お客さまが知りたい「メニューや料金」や「定休日」「営業時間」などに辿り着けないのです。

あなたも、他者のフェイスブックやインスタを見て、気になるけどお店の情報が分かり難いと思ったことはありませんか?

SNSの情報は蓄積しない

ほとんどの人が分かっていると思いますが、SNSの利用の仕方は、タイムラインに流れてくる情報を見る人が多い。また「いいね」などをされたら反応する。タグ検索などで媒体内の検索をするもありますが、タイムラインより重要とはいえない。

タイムラインの情報は、ほぼ垂れ流し状態ですよね。古い情報には興味もないでしょう。過去に遡ってみる文化もないですしね。

ホームページやブログは、過去に遡って読む文化があります。サイト内の構成を工夫すれば、古い記事でも読んでもらえます。重要な情報は、トップページからリンク張るなどすればプッシュすることもできます。

SNSの情報は蓄積しないので、いくら重要な情報をアップしても見込み客には届きにくい。

SNSは、交流サイト

SNSは、ブログやホームページと性質が少し違います。

SNSは、“つながり” が重要。そして、“共感” があって成り立ちます。知っている人に口コミするような感覚だったり、仲間内で共通の話題で盛り上がったりする感覚ですね。そもそも、交流サイトなのですから…。

つまり、SNSは公式な情報を伝えることに向いていないのです。

サイトの構成が情報を伝えるのに向いていないのも交流サイトだからでしょう。

あなたがお客さまのために自分のハートを裸にしてありのままをさらけ出して共感してもらう交流をしたい人ならSNSは有効です。また、ファン作りがうまい人や知らぬ間に人が集まっているような人ならSNSは強力な武器になるでしょう。それでも検索エンジン対策になりませんが…。

人間関係の構築が不器用。自然と人が集まる、ファンが多いような人でなければ交流サイトであるSNSの有効活用は難しいと思います。

カフェ経営者はSNSは向かない

カフェの経営者は、SNSが向かない人が多いと私は思っています。

カフェを営む人は、繊細で感受性が豊かな人が多い。職人気質、アーティスト系というか…。接客や人付き合いは好きだとしても、意外と内向的で人見知りの人が多いと感じます。接客は好きでも人間関係ってちょっと違いますからね。

ちなみに私は向いていないと自覚しています。接客は好き、人も好きですが、人見知りだし口下手だし気配りも弱いので人間関係の構築が苦手です。

それと、飲食店は忙しい。まめな対応ができない。

まめな対応をしないとSNSって難しい面があります。反応が遅いだけで嫌がられるじゃないですか。そもそも、ネット上のつながりって煩わしくありませんか?

カフェがお客さまとつながるのはカフェの店内。リアルで喜ばせることを考えれば良いと思います。ネット上のつながりはあってもいいけど、なくてもOK.

カフェの経営者でもSNSが向いている人や好きな人がいるでしょう。そんな人はやればよい。向いていないと感じた人は、「流行っているから」といって無理にSNSをやる必要はありません。プライベートでやるのは自由ですが、仕事でSNSをやるのはSNSが好きじゃないのなら、おすすめしません。

関連記事