カフェのSNSやブログ運営のポイント

カフェのSNS集客法 カフェ集客の基本律
  • SNSやブログは、ホームページではない
  • SNSやブログは、中の人を集客する
  • SNSやブログは、新規集客のツール
  • SNSは、繋がりと共感があって成り立つ

SNSやブログは、ホームページではない

SNSやブログがホームページじゃないことは分かっていると思いますが、ホームページの代わりにならないことを意識してる人が少ないように思います。

【ホームページではない】=ニュートラルな媒体ではない。公式な情報が伝わり難い。

「定休日や営業時間」「臨時ニュース」「メニューなどの大切な情報」は、SNSやブログでは伝わり難い。と思ったほうがいいです。

SNSやブログは、中の人を集客する

SNSやブログは、中の人(ツールを使っている人)を集客する。

アメブロは、アメブロをやっているを集客する。インスタはインスタをやっているをフェイスブックはフェイスブックをやっている人を集客する。

なぜか?

SNSやブログは、そのツールを使っていない人以外、その媒体をほとんど見ないからです。

アメブロを見る人は、アメブロをやっている人。フェイスブックを見る人は、フェイスブックをやっている人です。フェイスブックをやっていない人がフェイスブックを見る可能性はゼロではありませんが、少ない。期待しないほうが良い。

なぜか?

見る文化がないから。
また、見難いからです。

見たい人は、投稿をしなくてアカウントを取っていたりしますよね。アカウントを持っていない人は、そのツールを見ない。見慣れていないから、見難く感じるのです。

つまり、「SNSやブログは、中の人(ツールを使っている人)に情報発信する」ということ。

集客は置いておいても、SNSやブログは、そのツールを使っている人に対して情報発信する。となると、必然的にホームページの代わりでなくなります。

ヤフーやグーグルなどの検索エンジンで検索をした人に対する情報発信は、ホームページ(独自ドメインサイト)を使いましょう。

SNSやブログは、新規集客のためのツール

SNSやブログは新規集客に使うツールです。リピーターとつながるツールではありません。

リピーターと多少のやり取りはありますが、新規集客に目を向けたほうが良いです。

お客さまとのつながりは店内でリアルにすべきです。後で会話をするのではなく来店時に会話をしてください。そういう関係性を目指すべきです。

来店時以外のつながり、情報発信をしたい場合は、別のツールを使ったほうが良いです。例えば、「リピーター用のSNSを作る」とか「ライングループを作る」とか「メール」など。

SNSは、繋がりと共感があって成り立つ

SNSは、ブログやホームページと性質が少し違います。

SNSは、“つながり”が重要。

そして、“共感”があって成り立ちます。

きわめて女性性の強いツールです。

意味のないガールズトークや井戸端会議のような感覚や“紹介し合う”感覚…正直、男性にはちょっと理解しがたい感覚でしょう。

だから、合う合わないの差が大きい。勘違いしないで欲しいのは、男性には向かないのではありません。男性でも女性でも向き不向きがあります。

カフェの経営者は、SNSが向かない人が多いと私は思っています。

なぜなら、飲食店の経営者は男性性が強いからです。カフェをやる人は、飲食店の経営の中でも女性性が強いと思いますが、それでも、そこそこ男性性が強くないと売上げが上がりませんからね。

それと、飲食店は忙しい。まめな対応ができない。

まめな対応をしないとSNSって難しい面がありますね。反応が遅いだけで嫌がられるじゃないですか。そもそも、ネット上のつながりって煩わしくありませんか?

カフェがお客さまとつながるのはカフェの店内。リアルで喜ばせることを考えましょう。

カフェの経営者でもSNSが向いている人や好きな人がいるでしょう。そんな人はやればよい。向いていないと感じた人は、「流行っているから」といって無理にSNSをやる必要はありません。