キャロットケーキ(ニンジンとスパイス)の作り方

キャロットケーキ(ニンジンとスパイス)の作り方

こんにちは。紅茶専門店ティークラブの堀内芳昌です。

キャロットケーキのレシピを再考したいと思い立ちまして、ならばとニンジンだけのシンプルなキャロットケーキを作ってみました。

さすがにケーキ生地にニンジンだけだとケーキとしては物足りたいと思うので、スパイスは入れました。ニンジンとスパイスのシンプルなキャロットケーキです。

キャロットケーキ(ニンジンとスパイス)の材料

  • 全卵・・・2個(104gでした)
  • 甜菜糖・・・65g
  • 黒糖・・・25g
  • グレープシードオイル・・・85g
  • ニンジン・・・細いもの3本(正味254gでした)
  • 薄力粉(ドルチェ)・・・65g
  • 強力粉(はるゆたかブレンド)・・・65g
  • ベーキングパウダー(アルミフリー)・・・3g
  • スパイスミックスパウダー・・・小さじ1/2
  • シナモンパウダー・・・小さじ1/2
  • クリームリーズ・・・100g
  • 無塩バター・・・30g
  • きび砂糖・・・30g

15㎝の丸型×1

キャロットケーキ(ニンジンとスパイス)の材料

甜菜糖と黒糖と混ぜた卵/スパイス・小麦粉・ベーキングパウダーを混ぜたもの/グレープシードオイル/ニンジン

キャロットケーキ(ニンジンとスパイス)の作り方

【下準備】
ニンジンを細長くすりおろす
薄力粉・強力粉・ベーキングパウダー・スパイス・シナモンを合わせてふるう
型に紙を敷く
オーブンを200℃で予熱する

【作り方】

  1. 室温にした卵を溶きほぐし、甜菜糖、黒糖を混ぜる。10分ほどおき砂糖と卵を馴染ませる。ハンドミキサー高速でスポンジケーキよりしっかり目に泡立てる
  2. ハンドミキサーの低速で混ぜ続けながら、グレープシードオイルを少しずつ加え、混ぜる
  3. ニンジンを加え木べらで混ぜる
  4. 粉類を3回に分けて加え、その都度混ぜる
  5. 紙を敷いた型に生地を移す。表面を均す。天板に乗せオーブンに入れる。180℃に下げ50分焼く
  6. 焼き上ったら型の底にショックをあたえ生地の中から空気を抜く。型に入れたま網にのせ30分くらい置き生地を落ち着ける。焼いた時の上の面を下にして網にのせる。型をはずし、紙をはがす。そのままの状態(焼いた時の底の面が上)で粗熱をとる。冷めたらビニール袋かラップで包む。完全に冷めたら冷蔵庫で保存する。翌日以降に食べる
  7. バターを柔らかくし、きび砂糖を混ぜ、室温のクリームチーズを加え混ぜる。ケーキの表面にぬる

キャロットケーキ(ニンジンとスパイス)

キャロットケーキ(ニンジンとスパイス)の感想

チーズフロスティング
焼き加減
ニンジンのすりおろし方

チーズフロスティングはあったほうがよい

ニンジン以外の副材料によってはチーズフロスティング(クリームチーズ、バター、砂糖を混ぜたもの)はなくてもよいのですが、ニンジンとスパイスだけのキャロットケーキは、チーズフロスティングをのせたほうがいいです。チーズフロスティングがないと素朴過ぎます。

ケーキの焼き上がりは表面がフラットですが、生地が柔らかいのでチーズフロスティングをのせると重みで中央が沈んでいました。狙ったわけではなくて、もう少し周囲にチーズフロスティングが載るようにしたほうがよかったですね。

焼きが少し弱かった

ニンジンの量が多かったためか焼きが少し弱く、水分が残り気味で、焼き縮みもやや大きかった。焼き時間を5~10分のばしたほうがよかったと思いました。また、粉の量を各5g程度増やしたほうがよかったのかもしれないですね。

見た目では水分が残り気味で生地の下の方がつまったように見えたのですが、食べるとネチッとした感じや水分が残りすぎた感じはなくて、味も食感も悪くない。ニンジンとスパイスだけのキャロットケーキは大いにアリです。「どっしりしている」と捉えれば、今回のレシピでもありなのかもしれないし、焼き時間を延ばすだけでよいのかもしれません。

ニンジンのすりおろし方

今回はニンジンをすべて細長くすりおろしました。このやり方は食べる時にニンジンの存在が目立ちます。それ自体は悪くないのですが、欠点はキレイに切れないことですね。ニンジンの繊維があるため切りにくいです。

半分は細かくし、半分は細長くしたものとどちらがよいのか比べる余地があります。また、ニンジンの分量は卵の倍量程度にしたほうが焼き上りが安定すると思いました。

ニンジンの分量とすりおろし方は、一緒に焼き込む副材料の種類や分量、ケーキのどっしりとふんわりのバランス、味のバランスなどを考えての永遠の研究課題となりそうです。永遠です。

それでは、また。

「美味しい紅茶は元気の源」「おうちの紅茶が一番美味しい」そう思えるような紅茶のあたらしい楽しみ方を綴っています。

関連記事