Blog

カフェ繁盛のレシピ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. カフェ集客の基本律
  4. 売上アップにつながるカフェのコンセプトは?

売上アップにつながるカフェのコンセプトは?

売上げを上げる、お客さまを増やす、ブランディングをしてリピーターを増やす…など、集客や売上アップにつながるコンセプトは?

  • 自分とお客さまの接点にあり、ライバルが打ち出していないもの
  • お客さまから選ばれる理由になるもの

以上の2点を満たしているものが、売上げアップにつながらカフェのコンセプト

コンセプトは、お店の特長ではない

好きなことができれば、売れなくてもいいのなら、コンセプト=お店の特長でもかまわない。

しかしながら、お客さまを増やしたい、売上げをアップしたいのなら「お店の特長=コンセプト」では、弱すぎる。

例えば、「手作りケーキとこだわり紅茶の店」や「地産地消」のようなどこにでもあるようなフレーズや「誰のためのコンセプト」なのかが分からないフレーズでは、お客さまには選ばれにくい。少なくてもあなたが喜ばせたい人は集客できません。

「手作りケーキとこだわり紅茶の店」や「地産地消」がお店の特長なのは問題ありません。コンセプトとしては弱いということです。

開業前の場合「お店の特長」になるのはやむを得ないのですが、開業後もコンセプトがお店の特長だと弱い。コンセプトは、お店の状況や経営者のステージによって変えるべきです。

コンセプトは、お客さまに選ばれる理由

コンセプトは『お客さまに選ばれる理由』にならないと集客できません。

お客さまに選ばれるためには、『お客さまが好きなものの中で、ライバルが打ち出していないもの。または、ライバルより優れたもの』でなければいけない。

カフェは単価が安いので、ライバルよりも優れていないくても来店する可能性はあります。しかし多くの場合、一過性で終わります。

「来店して欲しい人を集客する」「リピーターを増やす」ためには、お店の特長が地産地消だとしても「ライバルが打ち出していない」か「ライバルより優れている」切り口を考えコンセプトにする。

コンセプトはライバルが打ち出していなければ良い

「ライバルが打ち出していない」、「ライバルよりも優れている」なんて聞くと、ものすごいものを作らないといけないと思うかもしれません。

中には「私にはそんなのない」としり込みしてしまう人がいるかもしれません。その感覚、半分正しい。楽にできることではありませんから。

ですが、心配することはありません。「打ち出していなければ良い」のです。「ライバルが声を大に言ってなければ良い」のです。

例えば、パン屋でライバルが「天然酵母」「国産素材」「手作り」「手ごね」「安心安全」「美味しい」を打ち出していたとします。

あなたのパン屋もほとんど似たようなことをやっている。コンセプトも似ている。だとしたら、何か違うアピールポイントがないかを考える。または、お客さまのリサーチから見つける(←推奨)。

例えば、、「子供が喜ぶためにママが作ったパン」※即興で考えた例。すごいコンセプトではない。もちろん、ターゲットが子供&子供連れ限定。大人パンが好きな人には選ばれない。それで良い。

「天然酵母」「国産素材」「手作り」「手ごね」「安心安全」「美味しい」というありきたりなコンセプトで埋もれてしまうよりも、ターゲット=見込み客に選ばれれば良いのです。

やっているやっていないではなく「打ち出しているか?」です。

案外、「あなたにとっては当たり前のこと」の中にコンセプトがある場合があります。

プラス、なぜこのようなコンセプトで店をやっているのかを伝える。これ重要。コンセプトは短いフレーズにまとめるので背景のストーリーまで伝わない。ストーリーを合わせて伝えると集客は加速する。

ビビらず、かといって楽してありきたりのフレーズに逃げないでお客さまに選ばれるコンセプトを作ってください。「あなたのカフェの発展は、あなたが決めるコンセプトにかかっている」と言っても過言ではありませんから。

関連記事