紅茶とフードのペアリングの考え方【紅茶とフードのダンディコーデ基礎】

紅茶とフードのペアリングの考え方【紅茶とフードのダンディコーデ基礎】

こんにちは。紅茶専門店ティークラブの堀内芳昌です。

紅茶とフードのペアリングを紹介する「紅茶とフードのダンディコーデ」。ダンディコーデの意味は、ベーシックで紳士的なペアリング(コーディネート)の考え方だからです。

ティークラブ流「紅茶とフードのダンディコーデ」で紹介する紅茶とフードのペアリングの考え方を紹介します。

紅茶とフードのペアリングの3つのパターン

  • 引き立てる
  • 相乗効果
  • 相互作用

引き立てる

紅茶<フード
フードの味わいを邪魔することなく引き立てる組み合わせ

難易度:低
好きな紅茶を合わせやすい
ベーシックな紅茶が向く。特長のはっきりした紅茶は使いにくい
相乗効果と似た感じになりやすい

例)
洋菓子にディンブラ:バランスがよく主張し過ぎないディンブラはケーキの味を引き立てる。
和菓子にディンブラ・和菓子にピュアダージリン:スッキリした味わいで主張し過ぎないディンブラやピュアダージリンは和菓子の味わいを引き立てる。

注意点)
軽すぎる紅茶は味わいを引き立てることがなく一緒に飲むだけになり、ペアリングとは言い難いです。水を飲んでもペアリングとは言えないのと似た感覚です。

なお、「口をサッパリさせる」はペアリングとは関係ありません。紅茶が油分を流し口がスッキリし食が進むというのは正しい考えですが、ペアリングとは違います。

相乗効果と似た感じになりやすいが和菓子にディンブラやピュアダージリンなど共通する要素が少ない場合に「引き立てる」と考えやすい。

引き立てるペアリング

ショートブレッドにアッサムのミルクティー(相乗効果に近い)

相乗効果

紅茶=フード
紅茶とフードの共通する風味が同調し味わいを強め合う組み合わせ
同じような風味の紅茶とフードを組み合わせる

難易度:中
紅茶とフードの特長を掴んでいないと組み合わせができない
適度に特徴がある紅茶が向く
軽くすぎないベーシックな紅茶も使える

例)
柑橘ケーキにディンブラやウバ:甘酸っぱい風味が同調する
スイートポテトにアッサム:芋の香りが同調する
スパイスシーな風味のケーキにアールグレイのスパイシーさを合わせる
チーズやハムのサンドイッチにキーマンのスモーキーな香りを合わせる

相乗効果のペアリング

フルーツケーキにキーマン

相互作用

紅茶+フード
紅茶とフードの異なる風味が影響を及ぼし味わいを広げる組み合わせ

難易度:中~高
紅茶とフードの特長を掴んでいないと組み合わせ出来ない
適度に特徴のある紅茶とフードの組合せ~特徴のある紅茶とフードの組合せ
アレンジティーも使える

例)
スパイスのないケーキにアールグレイのスパイシーさをプラスする
ウバやファーストフラッシュの柑橘の香りの甘酸っぱいフルーティーさやミントのような爽快感をプラスする
など

紅茶にハーブや果物・スパイスを+αして風味を追加するのも効果的です。

相互作用のペアリング

スパイスを入れないキャロットケーキとアールグレイ

紅茶とフードのダンディコーデ まとめ

「引き立てる」「相乗効果」「相互作用」が紅茶とフードのペアリング・ダンディコーデの基本的な考え方です。

プラスして、風味だけでなく、色合いや素材などもペアリングの一要素となります。テーブルの上まで考えてコーディネートするとより一層素晴らしいペアリングになるでしょう。

紅茶とフードのペアリングの目的な素敵なティータイムのためです。

堅苦しく考える必要はありません。

好きなもの同士の組合せがペアリング的にはNGだとしても自分で食べるにはOKです。そもそもペアリングなんて考えなくていいんです。ティータイムは楽しむためのものですからね。

このケーキにはどんな紅茶を合わせればいいのかな?
この紅茶にはどんな食べ物が合うのかな?
と考える時の参考になれば嬉しいです。

また、ペアリングに興味がある人は、何となく組わせるのではなく「引き立てる」「相乗効果」「相互作用」の3つ、中でも「相乗効果」「相互作用」を意識して紅茶とフードの組合わせを考えてみてください。意識するだけでも変わると思います。

それでは、また。

紅茶専門店ティークラブの堀内芳昌が「紅茶を楽しむブラウンベイク」と「好き」を綴っています。

関連記事