紅茶とフードのペアリングの考え方【紅茶とフードのダンディコーデ基礎】

紅茶とフードのペアリングの考え方 紅茶とフードダンディコーデ

こんにちは。はじめまして。紅茶専門店ティークラブの堀内芳昌と申します。

紅茶とフードのダンディコーデは、紅茶とフードのペアリングを紹介するカテゴリーです。ダンディコーデの意味は、ベーシックで紳士的なペアリング(コーディネート)を紹介するからです。

ダンディコーデで紹介する紅茶とフードのペアリングの考え方を紹介します。

紅茶とフードのペアリングの3つのパターン

  • 引き立てる
  • 相乗効果
  • 相互作用

引き立てる

紅茶<フード
フードの味わいを邪魔することなく引き立てる組み合わせ

難易度:低
好きな紅茶を合わせやすい
ベーシックな紅茶が向く。特長のはっきりした紅茶は使いにくい

例)
洋菓子+ディンブラ:バランスがよく主張し過ぎないディンブラはケーキの味を引き立てる。

注意点)
軽すぎる紅茶は、味わいを引き立てることがなく一緒に飲むだけになる。ペアリングとは言い難い。口をサッパリさせることはペアリングとは関係ない。

相乗効果

紅茶=フード
紅茶とフードの共通する風味が同調し味わいを強め合う組み合わせ

難易度:中
紅茶とフードの特長を掴んでいないと組み合わせ出来ない
適度に特徴がある紅茶が向く
軽くすぎないベーシックな紅茶も使える

例)
柑橘ケーキ+ディンブラ・ウバ:甘酸っぱい風味が同調する
スイートポテト+アッサム:芋の香りが同調する

相互作用

紅茶+フード
紅茶とフードの異なる風味が影響を及ぼし味わいを広げる組み合わせ

難易度:中~高
紅茶とフードの特長を掴んでいないと組み合わせ出来ない
適度に特徴のある紅茶とフードの組合せ~特徴のある紅茶とフードの組合せ
アレンジティーも使える

例)
スパイスのないケーキにアールグレイのスパイシーさをプラスする
ウバやファーストフラッシュの柑橘の香りの甘酸っぱいフルーティーさやミントのような爽快感をプラスする
など
紅茶にハーブや果物・スパイスを+αして風味を追加するのも効果的

キッチリこのパターンに嵌らなくても構いませんが、ペアリングのわかりやすい目安になると思います。

当サイトでは、相乗効果を主として紹介し、時に相互作用も加えたいと思っています。また、乙女飲食の写真を意識しているため色合いや素材のバランスも考えています。

あなたのおうち時間が華やぐお役に立てれば嬉しいです。よろしくお願いします。

書いた人&サイト管理人
堀内芳昌@紅茶専門店ティークラブ
紅茶通販・業務卸・講師業をする夫婦経営の自営業者です。当サイトでは公式サイトよりゆるめに紅茶以外のことも含めて書きます。紅茶はもちろんのことコーヒーやお酒なども好き。飲み物が好きで、飲み物から考える美味しいものが好き。作るのも飲むのも食べるのも好きなgeek-drink。 プロフィール≫