確定申告

確定申告を提出しました 日記帳

昭和29年度の確定申告を提出しました。

妻が大部分をやって、私は数字を入力しただけ…。サボっています(笑)

あなたがやるべきことは何ですか

確定申告や日々の経理は、自分でやっても他人がやっても構いません。

自分でやってもいいけど、忙しい飲食店の場合、お金で解決ができる。集客する時間がないような人は、他者に頼むべきです。

「売上げを他人に見せたくない」なんていう“お客さまに関係のない”つまらない見栄は捨てたほうが良いです。どっちにしろ、税務署の人には数字を知られるのですから。

ちなみに私は自分でやっていますが、そんなに忙しくないですから(笑)

売れている店は、経営者以外の人がやっているケースが多い。家族だったり、会計士などの外部に委託したりしています。

売れているお店の経営者は、自分がなにをやるべきが分かってるんですね。

「自分しかできないこと」「自分がやらければいけないこと」は、『お客さまを喜ばせること』です。

お店で腕をふるううこと、そして「集客」です。

集客は経営者しかできない

お店で腕をふるうのは当然のこととして、お客さまを喜ばせるための集客は経営者自身しかできません。

何故なら『集客は、あなたが喜ばせたい人を呼ぶことだから』です。

集客の中の作業、例えば、チラシ配りとか読者登録とかはスタッフがやっても構いません。

「伝えること=ライティング」は経営者がやらなければいけません。キチンと伝えることができれば、口頭で伝えてスタッフが書いても構いません。中身を100%経営者が考えていればOK.アバウトで伝えるのはNG.

忙しい、時間がない、しんどいのは分かりますが「集客という仕事」は経営者がメインでやらなければいけない仕事です。他者に任せられることは任せて、あなたしかできない集客を頑張って欲しいです。