生のイチジクを焼き込んだケーキ

生のイチジクを焼き込んだケーキ

こんにちは。紅茶専門店ティークラブの堀内芳昌です。

フレッシュなイチジクを焼き込んだケーキを作りました。以前にも紹介しましたが、さらに数回焼いてレシピがほぼまとまりました。

イチジクのケーキの材料

18㎝の丸型×1

  • きび砂糖・・・80g
  • 全卵・・・2個(100~100g)
  • アーモンドプードル・・・100g
  • 薄力粉(ドルチェ)・・・20g
  • 強力粉(はるゆたかブレンド)・・・20g
  • ベーキングパウダー(アルミフリー)・・・1g
  • キルシュ・・・大さじ1
  • イチジク・・・3~4個(大きさによる)200~250gくらい

イチジクのケーキの作り方

【下準備】
・材料を室温にする
・薄力粉・強力粉・ベーキングパウダーを合わせてふるう
・イチジクは1/4に切る
・型にバター(分量外)をやや多めにぬる
・オーブンを200℃で予熱する

【ケーキ生地の作り方】

  1. 室温にしたバターを練り混ぜる(固ければレンジで温める。溶かさないように注意)。泡だて器で混ぜ、泡だて器のバネの間にバターが固まるようだと固い。泡だて器でなめらかに混ざる固さにする
  2. きび砂糖を加え混ぜる
  3. 卵を溶きほぐし5回以上に分けて少しずつ加える。その都度分離しないように丁寧に混ぜる ←注意点はここだけ
  4. アーモンドプードルを加え混ぜる
  5. ふるった粉を加え、ゆっくり大きく泡だて器を動かし混ぜる。粉けが見えなくなったら、キルシュを加え馴染むまでゆっくり混ぜる
  6. 型に生地を移し、大雑把に表面をならす。生地の量は型に対して少なめになる
    イチジクをバランスよく並べる。生地に軽く押し込むようにする
    天板に乗せオーブンに入れる。180℃に下げ40分焼く
  7. 焼き上ったら型に入れたまま冷ます。焼き上りは柔らかいためすぐに型から抜くと崩れやすい
    粗熱が取れたら型から取り出し、さらに冷ます。冷蔵庫で保存する
    表面にイチジクジャムかアプリコットジャムをぬるとつやが出て見栄えがよい(なくてもよい)
生のイチジクを焼き込んだケーキ

焼いた翌日。ジャムをぬってない素朴な状態

イチジクのケーキの感想

生のイチジクを焼き込んだケーキってなかなか出会わない気がしますが、思いのほか美味しいです。

焼いている間にイチジクから果汁が出てきます。適度に水分が抜けたイチジクは、ほどよくジューシーで旨味が増し食感もよい。焼く間に溢れ出た果汁は生地に染み込みほんのりとフルーティーでしっとりした生地になっています。

作り方は簡単。ワンボールで作業でき、混ぜる道具は泡だて器だけ。卵以外の材料は一度に加えて大丈夫。丁寧に作業すれば難しいことはないでしょう。注意するのは卵の分離くらいです。

個人的には目から鱗くらいに、簡単で、美味しくて、ちょっと意外性のあるケーキだと思っています。

アレンジとしては果物を変える、お酒を変えるなどは考えられますね。柔らかいケーキが好きなら粉を少し減らすのもありですが、焼き菓子好きにはこの配合がよいと思います。

あと少し進化版ができそうですが、考え過ぎるとゴールがズレるので少しだけ試してみます。

では、また。

堀内芳昌

堀内芳昌紅茶専門店ティークラブ

「紅茶を楽しむブラウンベイク」と「好き」を綴っています。好きを生涯の仕事に、好きを趣味に、シンプルに生きたいです。

関連記事

紅茶専門店ティークラブ