秋になごりのジンジャーエール

新生姜のジンジャーエール

こんにちは。紅茶専門店ティークラブの堀内芳昌です。

新生姜の時期が終わるのが名残り惜しいので、この秋最後の新生姜のジンジャーシロップを作りました。

涼しくなってきているのでジンジャーエールよりもホットジンジャーとして飲んでいましたが、今朝は久しぶりに朝からきれいに晴れていたのでジンジャーエールを飲みました。

雲一つない青空は本当に久しぶり。晴れてても曇ってても空はでっかいけど青空はいい。

自家製ジンジャーシロップの作り方

  • 新生姜 100g
  • グラニュー糖 100g
  • 水 100g
  • シナモンスティック
  • 広島産レモン果汁 1個分

※広島産のレモンはサイズが小さめで果汁が少ない。大きな輸入レモンの場合1/2個でいいかもしれません。30~50cc程度が目安。

  1. 新ショウガは皮付きのまま水洗いし、汚れが目立てばそぎ取る。皮付きのまますりおろす
    シナモンスティックは紙をはぎのりをおとす
  2. 鍋に生姜、グラニュー糖、水、シナモンスティックを入れ中火で加熱する
    沸騰したら弱火にして10~15分程度煮る
  3. 火を止め、レモン果汁を搾り加える
    粗熱が取れるまでそのまま置く
  4. ザルなどで濾す。ヘラで押すなどしてしっかりとシロップをしぼる
    ※今回はあえて粗目のざるで濾し、細かい生姜を入れたシロップにしました
  5. 冷めたら清潔な密閉容器に移し替え、冷蔵庫で保存する

ジンジャーエールのレシピ

  • 新生姜のジンジャーシロップ 50g
  • 無糖炭酸水 100g
  • 氷 適量

※ジンジャーシロップと炭酸水の割合は、シロップ1対炭酸水2が目安。

ジンジャーエールの作り方

  1. グラスに氷を入れ、炭酸水を静かに注ぎ、ジンジャーシロップを注ぐ
  2. ロンググラスならストローを添える。ショートグラスならかき混ぜるためのスプーンやマドラーなどを添える
  3. 軽くかき混ぜいただく

炭酸水を先に入れ、シロップを後に入れると、シロップを注ぐ時点である程度自然に混ざりあいます。そのため、混ぜる回数が少なく済むので炭酸水が抜けにくいです。

※冒頭の写真は、シロップと炭酸を分かりやすくするために「シロップ→炭酸」の順に注いでいます。

新生姜のジンジャーエール

10月になっても新生姜はスーパーの店頭に並んでいました。けど、保存していたモノなのでしょうか?8月9月に作った新生姜のジンジャーシロップに比べると赤み(ピンク)が弱い仕上がりになりました。ベージュが強くほんのりの赤みがあるピンクベージュという感じですね。

風味は爽やかで新生姜のフレッシュがあります。味は美味しい。

暖かい日は炭酸水や水で割っていただき、涼しい時には湯で割ったり、ストレートティー加えたりしていただきます。新生姜のジンジャーシロップは寒暖の差のある秋には思いのほか重宝します。

今年の新生姜は終わっているかもしれませんが、見かけたら作ってみてはいかがしょうか。

それではまた。

堀内芳昌

堀内芳昌紅茶専門店ティークラブ

「紅茶を楽しむブラウンベイク」と「好き」を綴っています。好きを生涯の仕事に、好きを趣味に、シンプルに生きたいです。

関連記事

紅茶専門店ティークラブ