ミルクティーの黄金比2021

ミルクティーの黄金比

こんにちは。紅茶専門店ティークラブの堀内です。美味しいものが好き、特に飲み物に興味津々なgeek-drinkです。

私が講師を務めるカフェの専門学校の授業でミルクティーの研究をしました。

茶葉の違いや紅茶のいれ方の違いやミルクの違いなどいろいろな検証をしましたが、個人的に毎年注目しているのが「ミルクティーの黄金比」です。いくつかのパターンを飲み比べをしてもらい、どの割合を好む人が多いのか、配合によっての反応の違いなどを見るのが楽しみです。

カフェ経営を夢見る若者たちですが、中には紅茶が苦手な人もいます。ストレートティーが好きな人もいれば、甘い紅茶が好きな人もいます。さまざまだから、さまざまな反応になるのが楽しみなんです。いろんな意味で紅茶教室とは違います。そこがまた面白い。

前置きが長くなりましたが、多くの人が支持した「ミルクティーの黄金比」は以下の通りです。

  • 茶葉・・・アッサムCTC
  • 紅茶のいれ方・・・「茶葉2倍紅茶」アッサムCTC8g・湯量300cc・蒸らし時間3分
  • 紅茶とミルクの割合・・・紅茶100cc+ミルク50cc=紅茶2対ミルク1

茶葉2倍紅茶「2」対「1」ミルクがミルクティーの黄金比。実はこれ、毎回そうなんです。念のためにいうと誘導してませんよw。

ちなみに、紅茶多めの割合が好きな人もいるし、ミルク多めの「紅茶1対1ミルク」を好む人もいましたよ。

私の個人的な好みは、アッサムCTCなら紅茶2対1ミルクが◎。紅茶3対1ミルクも好きです。黄金比よりやや紅茶多めが好きですね。なお、これはアッサムCTCの場合です。

ディンブラやアールグレイなら濃い紅茶3対1ミルクくらいが好きです。あくまでも個人的な好みで、ディンブラでも紅茶2対1ミルクを好む人は多いです。

なお、この比率はコクのあるミルクティーの黄金比。飲み応えのあるミルクティーの黄金比です。あっさりした水っぽいようなミルクティーではありません。そのようなミルクティーが好みの方には濃すぎるでしょう。

ミルクティーの黄金比【茶葉2倍紅茶「2」対「1」ミルク】は、今までそーとー多くの人に飲み比べをしてもらった結果です。私の考えではなくて事実。もちろん好みの違う人もいますが、コクのあるミルクティーを飲み方にはおすすめします。

よろしければ試してみてください。

→ コクあるミルクティーに最適なアッサムCTC

「美味しい紅茶は元気の源」「おうちの紅茶が一番美味しい」そう思えるような紅茶のあたらしい楽しみ方を綴っています。

関連記事