初めての方へ

CafeCircleは、自営業のカフェや飲食店の「売上げアップ~安定経営」を目指すコミュニティーです。

売上げアップを目指しながら、孤独になりやすい自営業の経営者と“ゆるい繋がり”をつくり、共に学び、共に成長しなが、一緒に歩んでいきたいです。

一人(夫婦・家族)で悩み、一人で頑張るのはやめませんか?

あなたのカフェは、10年続けられますか?

あなたのカフェは、10年続けられますか?

【事実】カフェなど自営業の飲食店は、3年以内に半数程度が閉店するというデータがある。10年続くのは、僅か「3%」程度。

残念ながら、取引先でも1~2年程度で閉店したカフェや飲食店はいくつもある。

また、取引先以外でも好きだったカフェや飲食店、パン屋などがバタバタと潰れているのが現実…。

カフェを辞めてしまう理由

カフェを辞めてしまう理由は、「売上げが低い」「忙しすぎる」「体を壊す」「モチベが続かない」「人間関係」「想定外が多い」など様々。

私が考えるカフェを辞める理由は、「売上げが低い=利益が少ない」と「カフェが好きじゃなかった」が2大要因。

細かい説明は割愛しますが、「カフェが好きじゃなかった」が思いのほか多い。これに関しては何の役にも立てないので、カフェや飲食業が好きな人と一緒に頑張るしかない。

カフェが閉店する理由

カフェが多すぎる

カフェの店舗数は、コンビニの1.3~1.4倍というデータがあります。多いと思いませんか?

現代社会でコンビニよりもはるかに多い数のカフェが必要でしょうか?「カフェの市場規模がピーク時の半分程度まで落ち込んでいる」にもかかわらずです。

3年以内に半数が閉店するのも納得というか、むしろ半分くらいまで減ったほうが適正数という気もします。

ですが、もちろん、あなたのカフェは閉店したくない。

店が溢れ、モノが溢れ、情報が溢れる現代社会。『お客さまに選ばれる』の視点を持つかがカギです。

お客さまに選ばれるためには、お店の価値を伝える

店はカフェは溢れている「過剰に存在している」。

  • 味や接客などの飲食業の力
  • コンセプトやビジョン
  • 想いや情熱

を、お客さまに選ばれるように“メッセージで伝える”。価値を感じた人や共感した人に選ばれば来店してもらえる。

味など飲食業の力が重要。だけれども…

カフェなどの飲食店で最も重要なのは、味や接客、お店作りなど飲食業の力です。

味が最も重要なのは言うまでもありませんが、現代では「味は良いけど接客がイマイチ」とか「清掃や衛生面などの気配りが行き届いていない」などは難しい。トータルの飲食業の力やバランス感覚が必要。

味やメニューでお客さまが増えるなら、すでに売れている

あなたのお店が味やメニューなどだけで売れるのなら、もう売れているはずです。

開業一年以上経ち売上目標を達成していないのなら「味や接客などの飲食業の中身を良くする」「日々の仕事を頑張る」だけで、お客さまが自然と増えることを期待するのは厳しいのではないでしょうか。

飲食業の力と天性の商売センスだけでうまくいくのはごく一部。100人に一人くらいでしょう。集客や経営などを頑張っても100人中3~5人くらいしか10年以上続かないのですから…。

3年以上続ける、生涯の仕事とするために重要なのは『お客さまに選ばれる』の視点

選ばれるためには『飲食業の力』+『集客』です。

売上げを上げる3つの方法

集客の方程式

【観覧数 × 成約率 = 来店客数(集客の成功)】

観覧数とは?

ホームページ、SNS、ブログ、メール、ライン、チラシ、看板、ショップカード、ハガキのダイレクトメール(DM)、お店の通信紙、店内ポップ、店外告知(黒板など) etc…を見てもらった数

成約率とは?

ホームページやチラシなどを何人が見て、何人が来店したかを数値化したもの
【見てくれた人の中の来店者の割合】

『簡単な言い方をすると…』

  • 観覧数=知ってもらった人の数
  • 成約率=知ってもらった人の中から来店した人の割合

【たくさんの人に知ってもらう】×【知った人の中で来店する割合を高める】=【来店数が増える】

知らなければ、来店できない。そもそも、お店の存在を知らない人が多数。知られるだけで来客が増える可能性がアップ。

しかしながら、店が多く、情報が多く、ライバルが多い現代社会では、「店名を知ってもらう」「メニューを知ってもらう」などでは来店されることは少ない。運良く来店されたとしても、再来店はない=リピーターにはならない。

成約率がゼロなら、日本国民全員にチラシを配っても来店者はゼロ

お客さまが少ない店=『知ってもらう努力も少ない』×『成約率も低い』 

成約率を高めるためには「お客さまに選ばれる」を意識を持ち、知ってもらう内容を整える。

成約率のある媒体ができ、観覧数が増えれば、客数は必ず増える。

成約率のある媒体ができ、観覧数が増えれば、客数は必ず増える。

美味しいだけで売れる時代は終わった

今更ながら、はじめまして。紅茶専門店ティークラブの堀内芳昌と申します。

自分のこと話すのは少し恥ずかしいのですが、17年前から妻が起業した仕事に参画し、紅茶関連の事業をやっております。

「美味しい紅茶なのだから、当然売れる」と思っていました。

現実は、違いました。全く違っていました。

事業はスタートしていて、それなりに実績もある。私が参画し二人になれば、その分売上げは上がるだろうと思っていました。

自慢でありませんが、以前洋服の販売をしていた時、カフェを運営していた時、それなりに売上げを上げていたので、勘違いしていました。

「ある程度は売れるけど、目標には届かない。」二人でやることでバランスが崩れたようで、売上げは一人の時とあまり変わらない状態。私は足枷でしかありませんでした。

苦戦の連続…。実は、何年も赤字続きでした。

知られるだけでは売れない

「知られていないから売れない」「知ってもらえば売れる」

多くの人が考えることですが、「幻想」だと思います。

ホームページ、ブログ、ツイッター、ポータルサイトetc…いろいろやってみました。ネットでも無料サンプルプレゼントや割引販売もやってみた。紙面の広告もやってみた。TV、ラジオ、雑誌などメディアにも数多く取り上げられた…。ほとんど効果がないか、少しは売上げアップすることはあっても、一瞬で終焉。

知ってもらうだけでは、売り上げはアップしませんでした。

成約率うんぬん以前の話ですが、成約率が低いと知られても売れないのです。

「集客」「売り方」「自営業の立ち位置」「時代の変化」

何年も苦戦が続いた中、ある資格講座を受けたことをきっかけに、「集客」や「現代の売り方」などを学び「企業と自営業の違い」「時代の変化」に気が付いた事で、回復に向かいました。

「美味しければ売れる」「知ってもらえば売れる」と思っていた私には衝撃でした。※詳しく話すと長くなるのでこのあたりで割愛します。興味がある人はプロフィールをご覧ください。

知られるだけでは売れない。だけれども、知られないと売れない

「誰」に「何」を「どのように」知ってもらうかがカギ。

それが成約率にもつながる。

【カフェ繁盛のレシピ】は、私が実践し成果が出た「個人商店の売上アップ~繁盛法」を飲食店用にアレンジしたものです。

私が学び、実践し、売上アップにつながった「秘訣」「具体的なテクニック」「マインド」を包み隠さずお教えします。

実践してみませんか?

この方法は、現段階で私がうまくいっただけ。個人的な成功体験論です。

必ず自営業のカフェや飲食店の役に立つ、売上げアップに貢献できると信じていますが、どれくらいの再現性があるか分かりません。

向き不向きや相性があるのは仕方ない。だけれども、「私にはできたけど、飲食店の人は苦手なこと」や「私は苦労したけど、飲食店の人は簡単だった」などのポイントがあるはずです。

また、どのポイントが売上げアップに効果が大きく、どのポイントは意外と効果が薄いかなどを見つけたいのです。

そのためにカフェや飲食店の経営者の人に実践してもらい、フィードバックをもらい、ブラッシュアップしていきたいです。

そして、カフェ繁盛のレシピの完成を目指したい。

あなたは、カフェ繁盛のレシピを学び、実践し、売上げアップを目指しませんか?

そうなれば、私も、あなたも、「HAPPY」。カフェ繁盛のレシピによって、カフェの中身が良くなれば、あなたのカフェのお客さまも「HAPPY」。良いカフェがあれば、周辺地域にもプラスをもたらすと信じています。

カフェ繁盛のレシピを学び、実践してみませんか?

一緒に頑張っていきましょう。
堀内芳昌

追伸

“好きを仕事にした人”を応援したい

「カフェが好き!」「パンが好き!」「料理が好き!」etc…好きなことを仕事にした人。

学生時代からカフェ(喫茶店)を開きたいと思っていた元サラリーマン。「いつかはカフェを開きたい」夢を持ち続けていた主婦。などなど…。

『好きなことを仕事にした人、夢を叶えた人を応援したい。』ピュアに心の底から思っています。いや、、願っています。応援させてほしい…。

何故なら、私は「中途半端な好きしかないから」です。

そこそこ好き

実は、私は学生時代からロックバンドをやっていた。プロを目指したがコンテストなどにチャレンジする次元の前に断念。飲食業もファッションも好きだし、のめり込み、それなりの結果も出したが、突き抜けることはなかった。今でもファッションと飲食、どちらが好きなのかは分からない…。両方好き、音楽も好き。

私自身、好きを仕事にしてはいるのだが、「一つにのめり込み、心底好き」とは言えない。あれもこれも好きな器用貧乏。だから、好きにのめり込み打ち込む人は心から凄いと思う。

学生時代から一緒にバンドを組んでいた盟友は、ミュージシャンではないが音楽関係の仕事ずーーと続けている。彼にだけは、絶対にかなわい。素直に尊敬する。

「好き」を超えるパワーはない。

だから、カフェが好き、飲食業が好きな人を応援したい。

好きを生涯の仕事に

美味しいカフェや素晴らしいカフェが生き残る世の中になって欲しいと願っています。

そのためには、マスコミや口コミを頼るのではなく、美味しい店の人が自ら集客をして、売上げアップすることが重要だと思っています。

忙しい自営業の飲食業の人がやるべき集客・売上げアップ法、美味しい店だからできる売上げアップ法を知っています。

その集客法や売上げアップ法を試してみませんか?

私も自営業者です。共に学び、共に成長し、生涯現役で好きなことをやる人生を目指して、一緒に頑張っていきませんか?

CafeCircle 堀内芳昌

プロフィール写真