心まで安定経営を目指す

いろんなカフェオーナーに話を聞いて感じる2つの悩み「moneyおかね」と「mindこころ」

お金の悩みは、売上げが上がらない、利益が少ない、原材料費の高騰、人件費など経費の高騰、経費の高騰の影響で売上げはキープしているけど利益が減っているなどなど。

心の悩みは、対お客さまのストレスが大きい。他は、日々の仕事に追われ、やりたいことや目標を見失っている。スタッフや家族との思いのズレ。そして、お金の悩みで心も病んでくる…。

多くのカフェオーナーが「money」と「mind」の悩みを抱えていながら、相談する相手がいない。解決したいけど何をやればいいのか分からない。自分たちで考えて負のスパイラルにはまる。

そんなカフェオーナーの「money」と「mind」の悩みを解決し、売上げ利益だけでなく心まで安定経営を目指します。

アラフォーからのセカンドキャリア=カフェオーナーを応援します

・飲食業の修業を積んで満を持してのカフェ開業
・サラリーマン、OL、販売業、デザイナーなど異業種からの転職
・子育てが一段落したママ
・結婚生活が落ち着いた主婦
・定年を迎えた新しい大人 etc…

定年がない自営業は気力と体力が続く限り続けることができる。しかしながら、多くの人は数年で辞めてしまう。夢を叶え、困難を乗り越え開業したのにもったいない。

カフェ開業で燃え尽きず、いくつになっても夢を持ち、生き甲斐を感じながらお金を稼ぎ、生涯の仕事にしませんか?

自営業のカフェを繁盛させる3つの力

【飲食業の力】

飲食業の力が必要なのは言うまでもない。3年以内に辞めてしまう人は、飲食業の力が足りていない人が多い。実は、開業時は少々劣っても構わないと思う。開業してから力を付ければ良い。多くの人は、力をつける前に諦めてしまう。

【セルフプロデュース力】

モノが溢れ、店が溢れ、情報が溢れかえっている現代では、飲食業の力だけで繁盛することはレシピを知らないケーキを作るより難しい。だから、美味しい店が潰れたり苦戦したりする。有名店やチェーン店が躍進する。

美味しいのは当たり前のこととして、自分の夢や目標を整え、自店の強みを知り「コンセプト」や「想い」を伝えることがカギとなる。

「〇〇さんのお店に行きたい」と思ってもらうようなセルフプロデュースする。

【ライティング力】

カフェに必要なライティング力は「伝える力」。
文章力ではない。話も写真も動画もライティング力が必要。
セルフプロデュースのためにも「伝える力」ライティングが必要。

セルフプロデュースとライティングは、勉強・実践すれば誰でもできるようになる。


~カフェ繁盛のレシピ~
堀内芳昌物語vol4

自己紹介=堀内芳昌物語=第4話

自己紹介:第4話「CafeCircleを創める」仕事の関係上、カフェを開く人やカフェや飲食店を運営している人に出会うことが多いのですが、残念ながら、数年のうちに辞めてしまう人が少なくありません。また、直接お付き合いがなくても行ったことがあるカフェや「今度行こう」と思っていたカフェがいつの間にか閉店していたということがあります。