Blog

カフェ繁盛のレシピ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. プロフィール
  4. プロフィール
プロフィール

プロフィール

こんにちは、堀内芳昌と申します。

広島で夫婦二人の自営業で紅茶関連ビジネスをやっています。

紅茶関連ビジネスと言ったのは、一般的なショップスタイルのティーショップ(販売店)やティールーム(喫茶店)ではなく、事務所ビルの1室を借り、一般の個人客向けの通信販売、カフェやレストラン、ケーキ屋などへの業務卸、紅茶教室の3つの柱で仕事をしているからです。

その傍ら、専門学校のカフェビジネス科で紅茶と調理実習の講師、通信教育のコーヒー紅茶カフェマスター講座の講師をしています。

こんな私が2018年から自営業のカフェや飲食店の売上げアップ法を教えるCafeCircleをはじめます。その理由などと2018年までのことを簡単に話しますので、お付き合いいただければ幸いです。

英国で妻と出会い広島に…

現在広島市南区に住み、広島市中区に職場がありますが、東京都で生まれ、埼玉と神奈川で育つ。

高校卒業後、調理師専門学校に進学、卒業。飲食業に進むが一年足らずで離脱、アパレル業に転職。メンズとレディースのセレクトショップで販売員~店長を務める。

いつも「売ること」を考えていた。店長になってからは、売れ筋(ヒットする商品)を探し、売れる店づくりを考え売上げを上げていた。売上げを重視するあまり、部下に対して心ない接し方をしたこともあった。

勤めて会社がカフェを作った。カフェの責任者としてカフェの立ち上げから携わる。アパレル業から離れカフェに専念、店長として運営経営面にも関わる。2店舗目を立ち上げ退社。売上げを上げるアイディアと行動力はあったと思うが、部下や会社との接し方はヘタだった。

カフェで働いている時に旅行先の英国で妻と出会う。当時(2000年)住んでいた横浜から妻が住んでいた広島に引っ越し、結婚をする。

妻が起業した仕事に参画し仕事とする。妻とアルバイトだった仕事に私が入ると歯車が狂う。私は足枷でしかなく一時は大きな赤字になる。正直他で働いたほうが良いかと考えたこともあった。試行錯誤を繰り返し、商売や集客の勉強実践をし回復に向かう。

自慢ではありませんが、雇われていたらいていた時は順調な人生だったと思います。エリートなどと言われたこともあり順調に出世しました。売上げを上げることができたからだと思います。しかし、雇われてた時と自営業は全く違いました。会社の後ろ盾があってできることと、自分だけでやることは違うんですね。その点に気が付いて舵を切り直したことも浮上の理由の一つだと思います。

順風満帆とは程遠いのですが、10年以上続けられるのは僅か3% という中18年続けてきました。

パルコで売っているくらいのブランドの服を着て(ユニクロや無印などは着ない)、たまには外食もするし(基本家食が好き)、年に数回は東京や大阪に出かけたりもする。大好きなライブやサッカーを見に行ったりもする。一般企業に勤めている人とそれ程変わらないような暮らしをしているのではないかと思っています。

大きな余裕はありませんが、好きなことをやり幸せに暮らしています。

カフェコンサルタント業務

2007年よりカフェビジネス専門学校で紅茶および調理実習の講師を務める。継続中。
2008年カフェの通信講座の講師を務め講座を開講。継続中。
2009年とあるカフェの開業をコンサル。メニュー開発や仕入れ先の手配、スタッフの指導など実務面での指導や代行を主に行う。
2014年よりカフェ開業のサポート業務(コンサル、セミナー、相談会)を行う。現在は休止中。

紅茶の卸をしている関係で、カフェ開業を目指す人やカフェ開業をする人とたくさんの出会いがある。また、専門学校や通信講座の関係でも開業を目指す人との出会いや付き合いがある。

残念ながら出会いのあった人が開いたカフェの半数以上が閉店してしまいました。折角夢を叶えてカフェを開いたのに2年足らずで辞めてしまう…。

個人的にとっても残念なことがあった。勝手に悔しい想いをすることがあった。関りが薄く気にならないことや私の力ではどうしようもないケースもありましたけど…。閉店の話を聞いた時は心穏やかではありません。

夢を叶えて意気揚々とカフェを開いた。残念ながら苦戦していたり、悪くはないけど目標を見失っていたり、閉塞感が漂ってきている人の助けになりたい。売上げを上げて、閉塞感から抜け出て欲しい。次なる目標に向かって進んで欲しい。

余計なお世話だと分かっていながら、そんなことを考えています。

私が学んだこと、体験したこと。カフェ関係のいろんな人から聞いた話や体験したこと。私が苦戦から抜け出せた方法などをまとめ、カフェ用にカスタマイズしたものを学び、実践して欲しい。

そんな想いでcafecircleを創め、まずは「小さなカフェの集客の仕組みを作る」ことからスタートしました。

過去があるから今がある

私は商売や集客などの勉強、実践をすることで良い流れになりました。しかし、会社に雇われ働いていたアパレルとカフェの経験、自営業で苦戦した経験があるから、今があります。

アパレル、カフェ時代の「売る」「売上を上げる」を意識し実践したことが、今の時代には邪魔をした面もある。ですが「売る」「売れる喜び」を知っていたことは大きなプラス要素。何にも代えがたい体験です。売ることが苦手な人もいますから…。

自営業をはじめた時から何の苦労もなく成功を手に入れていたとしたら、天狗になって自己中の商売をしていたかもしれません。一時的に儲かったとしても、後には今以上に厳しい道が待っていたかもしれません。少なくても今の心持ちで仕事はしていなかったはずなので、他人の役立ちたいなどとは考えてはいなかったでしょう。

嬉しかったこと、苦しかったことなど・・、すべて含めて私の人生。それを仕事に活かしていくのが自営業の良さであり、自分らしい仕事の形だと考えています。好きなことをやることは大切なのですが、自分らしく生きることは、好きだけやるとは違うと思います。

宝の地図を持っている…

あなたは何らかの想いがあってカフェを開いたのでしょう。残念ながら、苦戦していたり、悪くはないけど突き抜けていなかったり、閉塞感が漂っているのではないでしょうか。

すべての人の今の状態には必ず意味や理由があります。また、過去の人生があなたの今を作っています。今の状況に喜びや悩み、苦労があったとしても、それが未来につながっているはずなのです。過去の人生や今のやり方をベースにしながら、今後の仕事は少し視点を変えてみませんか・・。もしかしたら、あなたは東の山に登りたいのに、南に向かって歩ているのかもしれません・・。

私は、宝の山へ向かう一つの地図を手に入れました。

その地図があなたに合うのかは、試してみなければ分からない。

私もできる限りのサポートをしますから、共に学び、共に成長し、“好きなことを生涯の仕事にできる”明るい未来に向かって、一緒に歩んでいきませんか?

素晴らしいカフェが増えて欲しい

私は、日本中に素晴らしいカフェが増えて欲しいと思っています。

日本各地を巡り、その土地土地のカフェでのんびりとお茶を楽しむのが将来の夢…。

しかしながら、美味しいカフェ、素晴らしい想いのある人が経営するカフェは苦戦を強いられることが多い…。気に入っていたカフェが閉店や縮小することに心を痛めています。

あなたのように「カフェや飲食業が好き」「美味しいものを食べさせたい」「お客さまを喜ばせたい」の想いのある人を応援したいと強く願っています。

よろしくお願いいたいします。
堀内芳昌

プロフィール写真

自己紹介

  • 堀内芳昌ほりうちよしまさ
  • 1964年4月6日東京都生まれ
    東京→埼玉→神奈川→広島/実家は長野県
  • 175cm、58~62kg
  • A型、牡牛座
  • 趣味:散歩、街歩き、料理、ケーキ作り、音楽を聴く
  • 好き:朝の和定食、欧州のシンプルなパン、美味しいケーキ、ビール、芋焼酎、紅茶、rock’n’roll、シンプル、トラディショナル、ファッション、ギター、サッカー、紙の本、昭和 etc…
  • 松井常松のように動じない渋い強面。ボーカルのように前に出ない縁の下の力持ち的なベーシスト

詳しい自己紹介=堀内芳昌物語

関連記事