Blog

カフェ繁盛の
レシピ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. SNS集客法
  4. カフェのSNSの使い方「無名の公人」
令和版カフェのSNSの活用法

カフェのSNSの使い方「無名の公人」

小さなカフェオーナーが、好きなことをやり、来店して欲しい人を集め、ストレスなく売上げアップとカフェの運営をするためには、SNSはやらなくてもいいと思ってます。

とはいえ、現実的にはSNSをやっている人が多いですし、やりたい人も多いので、SNSを運営するポイントとして書きました。

芸能人・有名人・著名人 >>> カフェオーナー(無名の公人) >>> 一般人

カフェオーナーは、「芸能人や有名人ではなく一般人でもない」ポジションにいることです。

「芸能人・有名人」「カフェオーナー」「一般人」の違い

  • 芸能人・有名人・著名人
  • SNSを見る人・・・ファン、興味関心のある人
  • SNSに書く内容・・・言いたいことを言う、日常を伝える
  • カフェオーナー(無名の公人)
  • SNSを見る人・・・知らない人
  • SNSに書く内容・・・お客さまが興味のあることを伝える
    お客さまのHAPPY(ベネフィット)を伝える
    自分のことをまったく知らない人が見ている前提で言いたいことを言う(自分の世界観を伝える)
  • SNSに書かないほうが良いこと・・・日々の出来事、何気ない呟き
  • 一般人
  • SNSを見る人・・・家族、知り合い、友人
  • SNSに書く内容・・・言いたいことを言う、日常を伝える

カフェオーナーは無名人である

■有名人や一般人のSNSは、ファンや友人など知っている人が見る。

■カフェオーナーは、自分のこと・自店のことを一切知らない人が見る。

芸能人・有名人・著名人は、その人の日常や発言に多くの人が興味・関心を持っています。また、ファンが見てくれます。だから、普通の日常を伝えたり、言いたいことを言ったりすればいいのです。一般人のSNSを見るのは、家族・友人・知り合いなので、有名人と同じように日常や日々の話題への考えに興味があるのです。

つまり、「芸能人・有名人・著名人」と「一般人」は、日常を書けばいいんです。

ほとんどのカフェオーナーが自分のことを相手(観覧者)が知っている前提で書いているように感じます。多くの人が日常の出来事を書いています。友人や知ってる人が見てくれるため無意識にそうなっていると思います。

あなたが悪いのではなく、周りの影響でそうなっているのでしょう。周りがみんなそのような書き方をしているからです。

個人店のカフェオーナーは無名人です。読者は、あなたを知らない人です。あなたが伝えたいことを『知らない人が興味を持つ内容に変換して』書きましょう。

カフェオーナーは、無名の公人

カフェオーナーは公人である

個人店のカフェオーナーは、有名人ではありませんが、一般人とは違う立場で「公人」です。

こう‐じん【公人】
公職にある人。公務員・議員など。また、社会的な立場にある場合の個人。「公人として恥ずべき行為」⇔私人。
コトバンクより

もちろん、公務員ではなく「社会的な立場にある場合の個人」です。

一般人=私人の場合は、好きなことを言えばいい。投稿したいことを投稿すればいい。たとえ炎上したとしても個人の責任です。

カフェオーナーの場合、バカッターはいないと思いますが、たまに怒りに任せた投稿や嘆きの投稿をしている人を見かけるので注意して欲しいです。

カフェオーナーは公人です。SNSは、自分の想いを吐き出す場ではなく、お客さまが知りたいことを伝える場です。

【まとめ】
SNSは、自分のことを知らない人が読む前提で書きましょう。あなたが伝えたいことを読者の目線で書くようにしましょう。

売れるカフェオーナー育成講座

関連記事

プロフィール

堀内芳昌
プロフィール写真

広島で紅茶関連ビジネスを営んでいます。このサイトでは、私が実践し、試行錯誤しながら見つけた売上げアップ法をカフェ用にカスタマイズしたものをお教えしています。
紅茶の通販も講師業もパン屋もカフェも個人商店の商売繁盛の原則は同じです。
『来店して欲しい人を集め、ストレスなく売上げアップとカフェの運営をして、好きなことを生涯の仕事にしませんか?』

プロフィールはこちら≫