好みの日本酒を見つける方法

好みの日本酒を見つける方法

こんにちは。紅茶専門店ティークラブの堀内芳昌です。

久しぶりに日本酒の記事を書きますね。

紅茶屋さんである私が何で日本酒なのか?何度か言っていますが…

もちろん紅茶は大好き。コーヒーよりもノンアルドリンクよりも紅茶ですが、飲み物に興味があり「ドリンク(飲み物)>>フード(食べ物)」なgeek-drinkなんです。

美味しい食べ物はもちろん好きですが、極論を言えば、食べ物より飲み物が重要。「紅茶>>ケーキ」「お酒>>食べ物」だったりします。誤解のないようにいっていきますが、お酒は酔いたいんじゃありませんよ。味が好きなのです。

そして、私にとって紅茶は、やる気スイッチを押すもの。エネルギーをチャージするもの。癒しよりも元気の源です。

その一方、美味しいお酒、いいお酒を飲むとやる気スイッチがオフになる。今日一日無事に終わった、明日もまた頑張ろうと思える飲み物です。

日本酒を飲むことが増えている

以前はビールからのワインや焼酎を飲むことが多かったのですが、最近はビールからの日本酒を飲むことが増えました。

数年前から日本酒がかわってきてよい日本酒が増えたんですよね。美味しくなっていると思います。好みっぽいのが増えています。

また、私の食の好みや食生活がかわってきた。洋が減り和が増えた。夜パンがめっきり減った。その影響も大きいです。焼酎は引き続き飲んでいますが、ワインは減りましたね。日本酒を飲むことが増えると一層、和食や魚が増えました。

好きと好み

好きであればあるほど好みが限られる、いわゆるストライクゾーンが狭くなると私は思っています。思っているというよりは、私の場合はかな。

紅茶は完全に好き嫌いが決まっていますが、日本酒はまだまだ。ストライクゾーンが見えてきたくらいの感じですね。

ここ数年いろいろな日本酒を飲んではいますが、自分の好みはよく分かりませんでした。多少の好みは分かっているので、好みでないのは選んでいませんから「美味しいか」「普通か」くらいは分かりますけど、好みの特徴まではつかんでいないかったんですよね。

紅茶に興味を持った人が紅茶は好きなんだけど、紅茶の違いが分からなかったり、自分の好みが分からなかったりするようなものでしょうね。

また、先ほどもいいましたが、数年前から日本酒がかわってきている。人気が出ているようです。日本国内では言うほどでもない気がしますが、注目度は高まっているでしょうね。

そうなると売上げアップを狙い銘柄が増える。銘柄が増えると、素人には分からなくなる。銘柄が増えると、微妙なのが出てくる。という個人的にはよろしくない傾向だと思うことが起きます。だいたいなんでもそうですね。日本人はブームに乗りたがりますからね。

飲む機会が増え、銘柄が増え、ますます分からなくなる。

コロナが転機に

コロナになって外食をしなくなり、家で日本酒を飲むことが増えたことで、日本酒の違いや好みがなんとなくわかってきました。2年以上経ってからですが…。

同じ銘柄を何度か飲んでみたり、同じ酒蔵のお酒を何度か続けて飲んでみたりして、傾向がつかめた気がしています。

紅茶でいえば、ダージリンやアッサムのような大本命が見えつつあります。

紅茶でもそうですが、同じ銘柄や同じブランドをある程度飲むと好みの傾向が見えてくるように思います。

好みを見つけたいのなら、ある程度同じものや同じ傾向のものを飲んでみるとよいと思います。

最初の頃って、どうしてもいろいろと飲んでみたくなるんですよね。飲んだことのない銘柄や飲んだことのない味の傾向のものに惹かれる。いろいろ飲んでいくと、好みの味とそーでもない味があることに気がつく。それでもいろいろと飲んでしまう。すると、なかなか好みが見つからない気がしますね。

好みがあってもなくてもよいのだけれど

紅茶にしても、お酒にしても、食べ物でも、自分で好きなものを食するのですから、好みなんてあってもなくてもよいとは思います。

紅茶は全部好き。パンはピンからキリまで好き。という人もいますよね。すごいなぁと思います。私は好きだからこそ、全部好きとは思えないのですが、好みは人それぞれですからね。

日本酒の好みが分かってきて、何がよかったのか?

日本酒の選び方が分かってきた。

その結果、好みじゃないものを買うことが減りました。

また、食べ物との組み合わせで選ぶ日本酒が選びやすくなりました。日本酒の傾向で食べ物を決めていたりもします。

すると、最近飲む日本酒はハズレがなくなり美味しいもの、好みの味ばかりになりました。とっても喜ば意思ことです。嬉しい悩みは頻繁に日本酒を飲みたくなってしまうことですね。

そうはいっても、まだまだ飲むたびに新しい発見もあり、好みや感覚がアップデートがされています。まったく同じ銘柄を飲んでも印象がかわったりする。日本酒は奥深いです。

しばらく沼ります。

では、また。

堀内芳昌

堀内芳昌紅茶専門店ティークラブ

「紅茶を楽しむブラウンベイク」と「好き」を綴っています。好きを生涯の仕事に、好きを趣味に、シンプルに生きたいです。

関連記事

紅茶専門店ティークラブ