桜が開花していました

こんにちは。紅茶専門店ティークラブの堀内芳昌です。

今朝、桜が咲いていました。

広島市南区の比治山公園。朝の通勤時に遠回りをして散歩をしているんです。その途中に見かけました。

散歩経由の職場行きは、週5日のこともあれば、週2日しか歩かないこともありますが、コロナ渦の前から続けている習慣です。

ここ2年くらいは比治山という低い山を越えるルートがお気に入り。登り道では息が上がるくらいなので、インドア派の私にとってはよい運動になります。40~50分かけて通勤しています。

私の散歩の話はさておき、話を戻しますと、比治山に桜の木はあまり多くないと、と私は思っています。

公園?広場?のように整地されているような場所には、桜の木があって花見ができるのですが、山にたくさん自生している感じではないですね。定かではないのですが…。

そんな中で日当たりの良い道端にポツンとあった桜が開花していました。

おっ!と思わず足を止めました。

日本人は、なぜこうも桜の開花を喜んでしょうね。

金曜日は雨、土日は朝の散歩をしなかったので、いつ咲いたのは分かりません。一輪目が咲いた時を見たかったですね。

ちなみに我が家の前は公園です。桜の木がたくさん植わっているので、窓の下の桜を見る花見ができる絶好ロケーション。毎朝、窓を開け、桜の木を見ますが、まだ固いつぼみ。開く気配はありません。

10~15分くらい歩いたところにある桜は開花し、今にもひらきそうなつぼみもたくさん。日当たりなどで随分と違うものですね。

しばらくは、桜の開花状況をみながらの朝の散歩がとっても楽しみになってきました。

朝はカメラを持っていなかったので、夕方写真を撮り直しました。

「美味しい紅茶は元気の源」「好きをいつまでも」シンプルライフのヒントを綴っています。

関連記事