市販品の紅茶を飲んでみました

こんにちは。紅茶専門店ティークラブの堀内芳昌です。

市販品のミルクティーを飲んでみました。

スーパーで買い物をしていた時に見つけて、即買いしました。なんだか妙に惹かれたんですよね。

飲んでみると…

案外美味しいです。

紅茶の風味はやや弱くて、甘味が強く、コーヒーでいうと「カフェオーレよりコーヒー牛乳」というイメージでしょうか。ミルクティーならぬ紅茶牛乳?

ですが、美味しいのは美味しいです。市販品の紅茶飲料としてはなかなかイケます。甘いミルクティーが飲みたい時にはいいと思います。パンにも合いそうでした。

市販のミルクティー

もう一点、濃縮紅茶を試してみました。

買ったのは、上記のミルクティーとは別の時です。

濃縮紅茶(割って飲むタイプ)に興味をもっているので試してみました。この夏にはアレンジメニューの一つとして濃縮紅茶を紹介したいなぁと思っているんですよね。うまくいったら紹介しますね。

濃縮紅茶はネット上で絶賛されている投稿をいくつか見たので試してみたのですが…、感想は「なんもいえねえ(古)」って感じでしょうか。微妙過ぎましたね。

市販の紅茶飲料は、以前に比べるとかなりよくなっていますし、以前に比べたら好む人も増えていると感じます。けれども、茶葉からいれる紅茶の味が好きな人にとっては、市販品の紅茶はまだまだ難しいものが多いようにい思いますね。

正直な話、市販品があんまり美味しくなり過ぎると、茶葉から紅茶をいれる人が減ってしまうかもしれないので、それはそれで困りものです。微妙なくらいがいいのかもしれませんね。

「美味しい紅茶は元気の源」「おうちの紅茶が一番美味しい」そう思えるような紅茶のあたらしい楽しみ方を綴っています。

関連記事