カフェ集客の方程式

カフェ集客の方程式 売上アップの黄金律

集客の方程式とは?

【観覧数 × 成約率 = 来店客数(集客の成功)】

観覧数とは?

ホームページ、SNS、ブログ、メール、ライン、チラシ、看板、ショップカード、ハガキのダイレクトメール(DM)、お店の通信紙、店内ポップ、店外告知(黒板など) etc…を見てもらった数

成約率とは?

ホームページやチラシなどを何人が見て、何人が来店したかを数値化したもの
【来店した人数を観覧数で割った数値】

例えば
チラシを1000枚配り、10人の来店が来店したら、10÷1000=0.01
ホームページのアクセス数が100で、5人来店したら、5÷100=0.05 

『もっと簡単な言い方をすると…』

  • 観覧数=知ってもらった人の数
  • 成約率=知ってもらった人の中から来店した人の割合

【たくさんの人に知ってもらう】×【知った人の中で来店する割合を高める】=【来店数が増える】

知ってもらわなければいけないが、知ってもらうだけは来店数は増えない

店が多く、情報が多く、ライバルが多い現代社会では、「店名を知ってもらう」、「メニューを知ってもらう」などでは来店されない。

成約率を高める=知ってもらう内容が重要

成約率が重要

来店客数=【観覧数×成約率】

チラシを1000枚配る(ホームページの観覧も同様)
成約率=0
観覧数:1000×成約率:0=来店数0人

チラシを1000枚配る
成約率=0.05
観覧数:1000×成約率:0.05=50人来店

チラシを1000枚配る
成約率=0.1
観覧数:1000×成約率:0.1=100人来店

観覧数を増やすことも重要だが、成約率が低いと観覧数を高めても集客につながらない。成約率がゼロなら、観覧数をどれだけ増やしても来店はゼロ。

成約率が高ければ、観覧数が少なくても来店者がいる。観覧数を増やせば、来店数アップになる。

集客の方程式=【観覧数×成約率=来店客数(集客の成功)】

お客さまを増やしたければ、成約率を高める。

成約率を高めてから、観覧数を上げる。

成約率を高める方法

成約率を高める方法は、【ホームページ、SNS、ブログ、メール、ライン、チラシ、看板、ショップカード、ハガキのダイレクトメール(DM)、お店の通信紙、店内ポップ、店外告知(黒板など)etc…の内容を見直す】こと。

具体的にやることは、【コンセプトの再構築 → あなたがカフェの呼びたい人に伝える】です。

+【最低限必要な情報を分かりやすく載せる】

最低限必要な情報とは?

お店の住所や営業時間、定休日など、これが分からなければ来店のしようがない情報。

これが書いていないか、書いてるとしても分かり難い(見つけられない)、最新情報に更新されていない。分かりすく書いているお店の方が少ないです。

最低限必要な情報を分かりやすく、見やすく提示するだけで成約率は上がります。

やることは、たったこれだけ。

きちんと伝えられたら、成約率は高まります。絶対です。2000%保証します。

しかしながら、、たったこれだけなのに簡単ではない・・。

コンセプトの再構築 → 伝える

コンセプトは開業前に曖昧に決めただけの人がほとんどだと思う。SNSやブログなどを見てもコンセプトを提示できているカフェはほとんどありませんから。となると、コンセプトの再構築が必要。

コンセプトはある程度機械的に決めることができる。簡単ではないができる。

最大の難関は、「伝える」。

カフェの経営者は、「伝える」が苦手な人が多い。シャイですからね…。私も人のこと言えないので、勉強しました。

成約率を高めるには「ライティング」の勉強が必要です。

ライティングとは?

カフェに必要なライティングは?「伝える」ことです。

「ライト(write)=書く」ですが、文章力と考えると間違いやすい。『伝える→伝わる』がすべて。

文章も含むが、伝えること全般。表現力と言ってもいいかもしれません。写真もライティング、音声も動画もライティング。

ライティングは最強のスキル

ライティングは、情報過多の現代社会で成功するための最重要スキルと言っても過言ではありません。

できない人は、学んで、練習してください。ケーキを作れない人は、ケーキを習い、練習しましたよね。コーヒーの淹れ方も同じです。できないのなら、学んで、練習し、熟達する。

ライティングは筋トレみたいなものなので、練習すれば誰でもできるようになります。

集客の流れ

  1. 集客したい人を決める⇔コンセプトを決める(あなた)
  2. ホームページ、SNS、ブログ、メール、ライン、チラシ、看板、ショップカード、ハガキのダイレクトメール(DM)、お店の通信紙、店内ポップ、店外告知(黒板など) etc…で、集客したい人にコンセプト等を伝える(あなた)←ライティングの力が必要
  3. コンセプト、あなた自身、お店、商品をチェック(お客さま)
  4. お客さまに選ばれる(お客さま)
  5. 来店(お客さま)

「1」~「2」で成約率の高い媒体を作る。

ターゲット=見込み客=あなたが呼びたい人にだけ伝える。

来店した人は、「あなたの価値、お店の価値を感じた人」なので、全力で喜ばせる。