Blog

カフェ繁盛の
レシピ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. カフェ集客の基本律
  4. ターゲットを絞るとお客さんが来なくなりませんか?
カフェ集客

ターゲットを絞るとお客さんが来なくなりませんか?

ターゲットを決めるのは分かったけど、「ターゲットを絞り過ぎるとお客さんが来なくなりませんか?」

多くの人に聞かれたことです。

この質問には2つの答えができます。+アルファー1つ。

  • ターゲットが来ないのなら商売として成立しない
  • ターゲット以外の人も来る
  • もし、、ターゲットしか来なかったら…

ターゲットが来ないのなら商売として成立しない

ターゲットを一人にしたらお客さまが来ないのなら、その商売は成立していません。「供給が需要を下回っている」のを自分で認めています。

一日の来客目標が50人ならターゲットで50人埋まってこそ商売は成りつわけです。

そうは言っても、、例えば「38歳の働いていないママ」がターゲットだとしたら「38歳の働いていないママ」が一日50人来店するわけではありません。「ターゲットと同じような嗜好・思考・志向の人」が来店すればいいのです。

また「38歳の働いていないママ」をあなたが喜ばせるために考えたコンセプトに共感した人が来店すればいいのです。たとえ、それが26歳のサラリーマンであったとしても…。

問題は、ターゲット以外の人まで来店させようとする人が多いことです。

ターゲット以外の人も来る

現実には、会員制、紹介制などにしない限り、ターゲットしか来ないなんてことはありません。女性客しかいないカフェに平気で入る男性客もいるんです。私ですが(笑)

なぜかというと、全員がホームページを見て、コンセプトなどを確認してから来店するわけじゃないからです。

逆に、来て欲しくない人も来てしまって困っている店があるくらいです。「招かれざる客」は本当に厄介です。ほぼほぼ、自分(集客法)が悪いんですけど…。

もし、ターゲットしか来なかったら…

もし、ターゲットしか来なかったら…。その数が5人10人なら、前述のように商売として成立しないかもしれません。

だけれども、、本当にターゲットしか来ないけど、ターゲットだけが連日10人20人と来ている。でも、目標数よりはまだまだ少ない…。

おそらく、しばらくしたら連日満員になります。

なぜなら、ターゲットしか来ないようにできるのは、超ウルトラスパーすごいライティングのテクニックがあるからです。

ライティングは現代の最強のスキル。「道端の石ころを高値で売れます」「100円のペンを10000円で売れる」集客なんか超余裕。カフェを辞めてコピーライターになったほうが良いくらい…。観覧数を増やすことに成功したら満員になります。

一人に絞り込んだターゲット設定をし集客をしても、お客さんが来なくることはありません。

むしろ、逆です。一人を喜ばせることができない人が大勢を喜ばせることはできません。一人を確実に満足させることの積み重ねが大きな売上を生むのです。

ターゲットを決めるとお客さんが来なくと怖がる人がいますが、怖がらずにターゲットは絞り込んでください。

売れるカフェオーナー育成講座

関連記事

プロフィール

堀内芳昌
プロフィール写真

広島で紅茶関連ビジネスを営んでいます。このサイトでは、私が実践し、試行錯誤しながら見つけた売上げアップ法をカフェ用にカスタマイズしたものをお教えしています。
紅茶の通販も講師業もパン屋もカフェも個人商店の商売繁盛の原則は同じです。
『来店して欲しい人を集め、ストレスなく売上げアップとカフェの運営をして、好きなことを生涯の仕事にしませんか?』

プロフィールはこちら≫