紅茶のジャンピングとは?

紅茶のジャンピング 紅茶のジャンピング(紅茶のいれ方)

こんにちは。はじめまして。紅茶専門店ティークラブの堀内芳昌と申します。

当サイトのことではなく、紅茶のいれ方に関わる紅茶のジャンピングについてお話します。

紅茶のジャンピングとは?

ティーポットに入れた紅茶(茶葉)に湯を注いだ時、茶葉が上下に動く様子をジャンピングといいます。

実のところ「湯を注いだ時ではなく、湯を注いで蒸らしている間」ですね。

紅茶のジャンピングが起こるしくみ

  1. 茶葉に湯を注ぐと、乾燥した軽い茶葉はポットの上部に浮き上がる
  2. 茶葉が湯を吸い、沈む
  3. 湯の中の酸素が茶葉にくっついて、茶葉を浮かす
  4. ポットの上部に上がった茶葉は重みで沈む
  5. 茶葉を酸素が持ちあげる。重みで沈む
  6. 2~5の繰り返しがジャンピング

浮き上がった茶葉が重みで沈み、茶葉に酸素がくっつき浮き上がり、重みで沈む。の繰り返しです。酸素がティーポットの中を対流することで動きが活発になります。

時間が経つと「湯の中の酸素が減る」のと「茶葉が完全に湯を吸い重くなる」からジャンピングが終わります。

紅茶のジャンピング

湯を注ぐ勢いで茶葉が動くのはジャンピングではない

紅茶のジャンピングは、湯を注ぐ勢いで茶葉が回ることではありません。なので、湯を注いだ時ではなくて、蒸らしている間なんですね。

ということは、湯を高いことろから注ぐとか、勢いよく注ぐのは、ジャンピングとはあまり関係がないのです。あまりにもゆっくり注ぐと茶葉が浮いたままで動かないことがあるので、無関係ではありませんが「普通に注げばOK」です。

ジャンピングしていますか?

ところで、あなたがいれた紅茶は、ちゃんとジャンピングしていますか?

実は、多くのお客さまから「今までジャンピングが起こったことがない!」という声を聞いているのです。

中には「ジャンピングって何?」という声も。これはジャンピングを知らないのではなく、何回やってもジャンピングしないから“投げやりに”そう思ったらしいんですね。

また、「ジャンピングしなくても時間を計れば大丈夫ですよね」という声もありましたが、時間さえ計ればいいってものでもないんですよね。ジャンピングしないということは何か不具合がある可能性があるからです。

ジャンピングが絶対的な正解ではありませんが、ジャンピングは紅茶を正しくいれられたかの目安になります。ジャンピングがうまくいかなかったら、なんかの不具合があったかもしれません。正しくいれられたらジャンピングの終了が蒸らし時間の終了の目安と考えていいくらいです。

ジャンピングは、美味しい紅茶の大切なプロセスです。

文字にすると難しく感じる顔しれませんし、大袈裟に伝わっているかもしれません。けれど、ジャンピングに難しいテクニックやプロの技は必要ありませんから、紅茶をいれる時はジャンピングを意識してみてください。

紅茶のジャンピングにおすすめ

紅茶のジャンピングがよくわかない人やジャンピングしたことがない人におすすめなのが「アッサムCTC紅茶」と「ガラス製ティーポット300cc用(一人用)」です。

前述のようなジャンピングがうまくいかなったお客様も当店のガラス製ティーポットを使い、アッサムCTCを試していただいたくと、ほとんどの人が「ちゃんとジャンピングした!」と言います。

「ジャンピングしました!」と興奮気味に喜びの声をいただいたこともあるくらいです。

その後、ジャンピングを見るのが楽しくなったようで「茶葉にお湯を注いでジャンピングをみるのも楽しみの一つです。」や「ジャンピングをボーっと眺めるとなんだか癒されます。」などの声を聞くようになりました。

もちろん、それによって紅茶が美味しくなったのは言うまでもありません。

最後に、

「ジャンピングという紅茶用語は、日本でしか通用しない」とか「ジャンピングにこだわるのは日本人だけ」などとツッコミを入れる人がいるんですよね。確かにそうだと思いますよ。けれども、ミルクティーとかアイスティーのような超メジャーな紅茶用語が和製英語ですからね。

細かいことが気になるのが紅茶好きの悪い癖です…。一方、細かいことは気にしないシンプル・イズ・ベスト「気軽に、気楽に」が私の紅茶の流儀です。

紅茶のジャンピングに大切な3つのポイント

おすすめアイテム

+++ いつもありがとうございます。ではまた。+++

書いた人&サイト管理人
堀内芳昌@紅茶専門店ティークラブ
紅茶通販・業務卸・講師業をする夫婦経営の自営業者です。当サイトでは公式サイトよりゆるめに紅茶以外のことも含めて書きます。紅茶はもちろんのことコーヒーやお酒なども好き。飲み物が好きで、飲み物から考える美味しいものが好き。作るのも飲むのも食べるのも好きなgeek-drink。 プロフィール≫