ティーモヒート(ノンアル)夏の渇きを癒して…

ティーモヒート

こんにちは。紅茶専門店ティークラブの堀内芳昌です。※このページの内容は、オンラインショップで公開したものとほとんど同じです。両方のサイトで公開してもよいと考えたのでブログにも投稿しました。

ティーモヒート(ノンアルカクテル)

ミントの爽やかな香り、ライムの酸味、ラム酒のコクと甘みが魅力のカクテル「モヒート」をアイスティーで作ってみました。ノンアルコールです。

ラム酒の代わりにきび砂糖(ラム酒の原料はさとうきび)でコクと甘みを加えています。※お酒は入りません。ミントやライムの風味を生かすために、紅茶は爽やかな香りでスッキリした飲み口のダージリンティー。炭酸は加えず柔らかい味わに仕上げました。

ティーモヒートの材料

  • ピュアダージリンアイスティー・・・適量(120cc程度)
  • きび砂糖・・・15g
  • ミント・・・ひとつかみ(2~3g)
  • ライム・・・1/4個(1/8×2)
  • 氷・・・適量

ピュアダージリンティー

ティーモヒートの材料

ティーモヒートの作り方

  1. ピュアダージリンのアイスティーを作る →作り方はこちら※蒸らし時間は3分
  2. ロンググラスにミント・きび砂糖を入れる
    ライムを1/4に切りさらに半分にカットして果汁を絞りグラスに入れる
  3. バースプーンやマドラーなどでミントを軽くつぶしながらきび砂糖をとかす
  4. 氷を入れ、アイスティーを注ぐ
    かき混ぜながら、ミントやライムを引き上げる。トップにミントを飾る

ティーモヒート

ティーモヒート作りのヒント

紅茶は、水色が浅く、青みがあり爽やかなダージリンが合います。

ミントを潰し過ぎると苦みが出ます。また見た目も悪くなるので潰しすぎないほうがよいです。ミントをトップの飾り用に少し残しておくと、見た目がキレイに仕上がります。

グラニューだとラム酒の感じが出ないのできび砂糖がおすすめ。きび砂糖の代わりにブラウンシュガーでも構いません。紅茶の水色が濃くなるのが欠点ですね。

ストローで飲みましょう。砂糖の溶け残りが少しあるくらいがよくて、砂糖をストローで吸って飲むはじめのあたりの味わいがもっともこのレシピの特徴が出ています。ちびちびいかずにゴクゴクと飲みましょう。

ミントはやや控えめで、ライムの風味ときび砂糖の甘みが生きたティーモヒート。スッキリしたいときにいかがでしょうか。ケーキやパンなどにも合いますから、スッキリしたいドリンクを飲みたいティータイム全般におすすめします。

ノンアルティーモヒートで夏の渇きを癒してください

ダージリンティー、きび砂糖、ライム、ミントすべて風味がバランスよく味わいるティーモヒート。ノンアルコールで優しい味わい。

ゴクゴク飲んで夏の渇きを癒してください。

紅茶はもちろん飲み物全般に美味しいものが好き「飲みもの>食べもの」geek-drinkな日々と好きなことを少しずつ綴っていきます。

関連記事