コクのあるミルクティーとあっさりしたミルクティー

コクのあるミルクティーとあっさりしたミルクティー

こんにちは。紅茶専門店ティークラブの堀内芳昌です。

「コクのあるミルクティー」と「あっさりしたミルクティー」どちらがお好きですか?

ティークラブではコクあるミルクティーをおすすめしていますが、あっさりしたミルクティーが好きな方もいるでしょうね。念のために付け加えるとティークラブがおすすめするのは「コクがあるけど、くどくないミルクティー」です。

コクのあるミルクティーのレシピ

紅茶の抽出
茶葉:8g
湯:300cc
蒸らし時間:3分
紅茶とミルクの分量
紅茶100~110cc/ミルク50~40ccくらい
紅茶「2~3」対ミルク「1」
ミルクの状態
人肌に温める

あっさりしたミルクティーのレシピ

紅茶の抽出
茶葉:4g
湯:300cc
蒸らし時間:3分
紅茶とミルクの分量
紅茶120cc/ミルク30ccくらい
紅茶「4」対ミルク「1」
ミルクの状態
冷たいミルク

コクのあるミルクティーとあっさりしたミルクティー

コクのあるミルクティーの作り方

  1. 濃い紅茶を作る
  2. ミルクをたっぷり加える

濃い紅茶を作る

コクのあるミルクティーを作る場合は、茶葉を増やした濃い紅茶を作ります。

茶葉を増やさないで、蒸らし時間をのばしても紅茶は濃くなります。けれども、蒸らし時間を1分くらいのばしても(3分→4分)、実はそれほど濃くならないんですね。ストレートで飲む濃さです。ちょっと濃いかなくらいです。

2~3分のばせばそれなりに濃くなりますが、渋みも増えてしまいます。

茶葉を2倍にした紅茶と蒸らし時間を2倍にした紅茶を飲み比べれば明らかです。茶葉を増やした紅茶は「濃くなっている」のに対して、蒸らし時間を延ばした紅茶は「渋くなっている」と感じます。

茶葉を増やした場合は渋味も多少は増えますが、紅茶の旨味・紅茶の味が濃くなります。

ミルクをたっぷり加える

茶葉を増やして抽出した濃い紅茶にたっぷりのミルクを加える。これでコクがあるミルクティーができます。

ここで一つの問題がおきます。

「冷たいミルクをたっぷりと加えると紅茶が冷める」ということです。

「熱い紅茶に冷たいミルクを加えると丁度よい温度なる」という説がありますが、これはミルクを少量加えるあっさりしたミルクティーの場合。ミルクをたっぷり加える場合は、ちょうどよい温度ではなく「ぬるいミルクティー」になります。

特に日本人は熱々が好きですから、ストレートティですら、すぐにぬるくなると言い出すくらいです。熱々信仰は置いておいても、出来たてからぬるいミルクティーは興ざめです。

なので、紅茶が冷めないようにミルクを温めるのです。ただし、沸かすのは厳禁。ミルクを沸かすと嫌な臭いがでるからです。また、飲めないくらいに熱々になるからです。

紅茶が冷めない程度、人肌程度が適温です。ミルクティーを熱々にするのではありません。

あっさりしたミルクティーの作り方

  1. ストレートティーの濃さの紅茶を作る(普通に紅茶をいれる)
  2. 冷たいミルクを少なめに加える

一般的なミルクティーの作り方といえるのかしれません。

書籍やネットなどに載っているミルクティーのレシピの多くはこのタイプですね。また、カフェや喫茶店、飲食店のミルクティーは、ほとんどがこの作り方でしょう。濃い紅茶にたっぷりミルクのミルクを出してくるお店はごく一部だと思います。

普通に紅茶をいれストレートティーの濃さの紅茶を作ります。カップに注いだ紅茶にミルクを加える。ミルクをたっぷりと加えると紅茶の風味が弱まり水っぽくなるため、ミルクは少なめに(普通の量)入れます。

少なめといいましたが普通?一般的な量です。紅茶を濃くして、たっぷりミルクを加えるミルクティーは「知る人ぞ知る」感じですからね。ティークラブでは、常々おすすめしていますが力不足です。

そして、紅茶の量が120~130ccに対して、ミルクを20~30ccくらい入れる場合は、冷たいミルクで大丈夫です。ミルクティーはぬるくなることはなくて、いわゆる「ちょうどよい温度」になります。

コクのあるミルクティーとあっさりしたミルクティー

コクのあるミルクティーとあっさりしたミルクティー、どちらが美味しいのでしょうか?

コクのあるミルクティーとあっさりしたミルクティーは、どちらが美味しいのでしょうか?

もちろん、好みです。どちらが好きな人もいるでしょう。

ティークラブでは、「コクのあるミルクティー」をおすすめしています。

なぜなら、飲み比べたほとんどの人が「コクのあるミルクティー」を美味しいというからです。

私自身も飲み比べたら明確にコクのあるミルクティーが美味しいと思います。けれども、あっさりしたミルクティーがマズいわけではないんです。

飲み比べないと分からないかもしれません。イーメジだけだとアッサリがよいと思う人もいるでしょう。コクがある=濃い・クドいとイメージする人もいると思います。そうでなければ、あっさりしたミルクティーが持て囃されることはないと思うのです。

好みは人それぞれ。どちらが好きでもいいのですが、コクあるミルクティーを飲んだことがないのなら、一度試してみて欲しいです。ミルクティー対するイメージが変わるかもしれませんよ。

それでは、また。

「美味しい紅茶は元気の源」「おうちの紅茶が一番美味しい」そう思えるような紅茶のあたらしい楽しみ方を綴っています。

関連記事