「ティーポットに茶葉を残す」から「茶葉を濾し紅茶を移し替える」へ

こんにちは。紅茶専門店ティークラブの堀内芳昌です。

この投稿では、「蒸らし終わった紅茶を移し替えないでティーポットに茶葉を残したままにしておく」は、おばあさんの知恵袋な紅茶論ではないかについてお話します。

ティーポットに茶葉を残しておく

紅茶のいれ方や飲み方として、下記のようなことが実しやかに語られていました。

  • 蒸らし終わった紅茶を移し替えないでティーポットに茶葉を残したままにしておく
  • 一杯目は丁度よく、濃くなった二杯目の味を楽しむ
  • 一杯目と二杯目の味の変化を楽しむ
  • 一杯目はストレートティー、二杯目はミルクティーにする
  • 濃くなった二杯目に差し湯をする

間違ってはいないけど、「どうなん?」と思う人も多いのではないでしょうか?

  • 二杯目が渋くなって嫌なんですけど…
  • 何で茶葉を濾さないの?
  • 手抜きですか?

こんな声を何度も聞いています。

自分で飲む紅茶なのですから、好きにすればいいのに、蒸らし終わった紅茶を移し替えないでティーポットに茶葉を残したままにしておくのが「正しいとすり込まれている人」が一定数いると思うのです。

同調圧力とでもいえばいいのでしょうか。何となくの疑問は持ちつつも「ティーポットに茶葉を残しておく」のが正しい紅茶のいれ方だと思っているようなのです。

勘違いしないでくださいね。「蒸らし終わった紅茶を移し替えないでティーポットに茶葉を残したままにしておく」は、間違ってはいないんですよ。よいと思っている人は続けてくださいね。

なお、ティークラブでも茶葉を残したままのやり方もおすすめしています。茶葉を残す飲み方のポイントも紹介しています。好きならOKなのです。

どちらも正しいので、声を大にして言うことではないのかもしれませんが、「実は苦手だったんだよ」とか、何となくモヤモヤしていた人は、「蒸らし終わったら茶葉を濾し、紅茶を移し替える」をマイルールにしてはいかがでしょうか。

ティーポットに茶葉を残す

蒸らし終わったら、茶葉を濾し、紅茶を移し替える

令和時代のシン・コウチャとして、下記をおすすめします。

  • 蒸らし終わったら、茶葉を濾し、紅茶を移し替える
  • 一杯目も二杯目も丁度よい
  • ミルクティーを飲みたいのなら一杯目からミルクティー、二杯目もミルクティー
  • 一杯目をミルクティー、二杯目をストレートティーの裏技も

いつでも好きな味、好きな濃さの紅茶を飲むことができます。二杯目が渋くなる不安がなくなります。

ミルクティーを飲みたい時って、一杯目からミルクティーが飲みたくありませんか。二杯目をミルクティーって案外理にかなっていないと思うのです。

欠点といえるのは、ティーポットが2つ必要なことですね。

一人で飲むのならマグカップに移してもOKが、雰囲気を重視したい時にマグカップは微妙ですね…。

蒸らし終わったら、茶葉を濾し、紅茶を移し替える

なぜ、ティーポットに茶葉を残したままにしておくのか

なぜ、ティーポットに茶葉を残したままにしておくことが多いのでしょうか?私は以下のように考えています。

  1. 紅茶はお茶だから
  2. 蒸らし時間を計り茶葉を移し替えるのは手間がかかる
  3. 「紅茶は好きに飲む」という言葉に影響を受けている
  4. 英国式紅茶が正しいとすり込まれている
  5. そのように習った

紅茶はお茶だから

紅茶はお茶です。日本茶と同じように、蒸らし時間を“だいたい”にして、注いで飲む。残りを飲む。は間違いではありません。

間違いではありませんが、「紅茶は紅茶」として、蒸らし時間を計り、茶葉を濾して飲むのをおすすめします。

蒸らし時間を計り茶葉を移し替えるのは手間がかかる

この発想の源は「お茶だから」ではないでしょうか。紅茶は紅茶のいれ方で飲んで欲しいと思います。

ただし、手間と感じることは人それぞれなので、手間だと思うのでしたらそれまでですね。ダメとは言えません。

他者や情報の影響

3.4.5は、他者や情報の影響を受けていますね。紅茶好きさんの場合は、案外これが多いのかなと思います。

自分がそう思うならそれでいいですし、少しでもモヤモヤがあったのなら考え直してもよいのではないでしょうか。

ティーポットに茶葉を残す

「ティーポットに茶葉を残す」から「茶葉を濾し紅茶を移し替える」へ

ティークラブでは、「ティーポットに茶葉を残したままにしておく」→「蒸らし終わったら、茶葉を濾して、紅茶を移し替える」を現代的な紅茶のいれ方としておすすめします。

以前に比べて、渋い紅茶を好む人が減っていると感じること。カフェなどお店で茶葉を抜いて紅茶を提供するお店が増えたため、茶葉を入れたままのやり方に馴染みが減っていると感じるからです。

また、ミルクティーやアイスティーを主に飲む、ミルクティーやアイスティーしか飲まない人が増えていることも考慮してのことです。

「茶葉を濾し紅茶を移し替える」やり方は、一杯目も二杯目も丁度よい濃さで飲めるメリットだけでなく、ミルクティーを美味しく飲むためにも有効です。

また、アイスティーが一般化している現代社会では、アイスティーを手軽に作るためにも、「蒸らし時間を計り、茶葉を濾す」を習慣にしてはいかがでしょうか。

最後に

おばあさんの知恵袋は概ね間違っていません。いつの時代でも正しいことがほとんどです。おばあさんの知恵袋的な紅茶論も多くは間違ってはいません。よいと思っている人は堂々と続けてください。今までモヤモヤしていたことに当て嵌まるのなら見直してみてはいかがでしょうか。

よろしければ、また見に来てくださいね。

「美味しい紅茶は元気の源」「おうちの紅茶が一番美味しい」そう思えるような紅茶のあたらしい楽しみ方を綴っています。

関連記事