カフェの売上げをアップさせる行動パターンとは?

売上げアップの行動比率 売上アップの黄金律

売上げがアップする「1:1:2の法則」

カフェの売上げをアップさせるには「1:1:2=25%:25%:50%」の割合で行動することが大切です。

  • 25%=学ぶ
  • 25%=観察・リサーチ
  • 50%=行動・実行

大切なのは、細かい比率ではなくて、「学ぶ」「観察」「行動」の3つをセットで行うこと。

うまくいかない人は、何かが欠けていたり、バランスが悪かったりします。

例えば、新しいケーキを作るとします。

レシピを見たり、ケーキ屋に行ったりするけど、なかなか試作をしない。学ぶ、考えるはするけど、行動できない。

逆に、試作ばかり何度もやるけど、リサーチをしない。学びもゆるい。

別の例

売上げアップ法を学んだけど、リサーチも行動もできない。「勉強が目的」になってしまう人が落ちりやすい罠。若い人と女性に多い傾向。目的を見直せば、行動できる可能性が高くなります。

学ぶ、観察をしないで、メニュー替えやカフェの中身の変更で売上アップを狙う。飲食店の中身の改善で売上アップを狙う人は、ほとんどがこのパターン。男性に多い傾向が…。

うまくいかない場合、どれかが足りない。バランスが悪い。

多くの場合、「学ぶだけで、観察、行動が足りない」か「行動はするけど、学びと観察が足りていない」か。観察リサーチが多過ぎる人は、99.9いない。

メニューを作る
サービスを見直す
集客をする
など、、

仕事に取り組む時は、「学ぶ=25%」「観察・リサーチ=25%」「行動・実行=50%」のバランスを意識してみてください。