売上目標の決め方

カフェの売上目標 売上アップの黄金律

売上目標は、人それぞれ。家族経営のカフェ、既婚の女性が一人で営むカフェ、趣味の店 etc…店によって当然、売上目標は違う。

そんな中、私が考える“仕事として”カフェを運営してる場合の売上目標の設定の仕方です。

  • 家賃の10倍
  • 給料やバイト代の3倍

家賃の10倍

家賃=10万円 → 売上目標=100万円

数字上の話ですが
売上げ 100万円(100)
家賃 10万円(10)
原材料費・人件費・光熱費などの経費 60万円(60)
利益 30万円(30)

一般的には家賃の10倍以上の売上げを目標にすればうまくいく。

言い方を変えると「家賃を売上げの10%以下にする」「利益を売上げの30%以上」を目標にすればうまくいく。

給料やバイト代の3倍

あなたがカフェで働いたとして欲しい給料の額
今の仕事を雇われてやるとしたら給料はいくら欲しいかを考える

例1)30万円×3=90万円
例2)夫婦で50万円×3=150万円

趣味の延長のカフェだとしたら、今の仕事をバイトでやるとしたらバイト代はいくら欲しいかを考える

例1)週末だけの営業で営業時間も短い
バイト代で6万円欲しいなら
6万×3=18万円

例2)週4日の営業、営業時間8時間
バイト代で14万円欲しいなら
14万×3=42万円

なぜ、給料(バイト代)の3倍なのか?

健全経営の利益は売上げの1/3くらいだからです。

前述の家賃の10倍の話で「売上げの30%が利益」といいました。だいたい同じようなことで、売上げの30%~1/3(33%)くらいを利益の目安にすると健全経営ができる。

売上げの半分も利益が出ることはない。例えば、夫婦経営で月商100万円なら利益は30~35万円くらい。それでやっていけるのなら構いません。利益が少ないと考えるのなら、経費削減で利益を増やすより売上げアップを目指すべきです。

家賃がない・格安、趣味の延長だから利益は少なくても良い場合、また、家族経営の場合は「給料の3倍」も参考にしてください。

売上げアップしたいのなら、売上目標を決める

自営業の場合、売上目標が曖昧になりがちですが、売上げをアップしたいのなら、売上目標を決めてください。

「赤字にならなければ良い」
「赤字になったら辞める」
この考え方で続いたお店を知りません。売上目標を立て目指して欲しいです。

登る山が決まらなければ準備のしようがない

登る山が決まらなければ準備のしようがありません。

「富士山に登るのか」「近所の丘を越えてピクニックするか」によって準備が違う。当日の頑張りも違う。

まずは、目標を決める。
目標に応じた、準備と実践をすべきです。

“これだけをやればOK”カフェの売上げを上げる具体的なレシピ

2018.02.02