カフェ集客“行動しない”の壁の超え方

行動しないの超え方 ライティング

カフェの場合、「読まない」「信じない」の壁を越えた人は、来店してくれる確率が高い。

カフェは単価が低いからです。

5000円のランチなら、「気に入ったけど、現実に行くのはきついなぁ」とか「記念日に行こう」などと思う可能性が大。

しかし、1000円前後なら、深いこと考えないで来店してくれます。

このページでは、“行動しない”の壁の超え方として「最後の一押し」をお教えします。

カフェ集客“行動しない”の壁を超える方法

「来店して欲しい」という意思表示をする。来店を促す。

「そんなバカな」って思うかもしれませんが、思いのほか重要です。

例えば、

美味しそうな写真や食べたくなる説明が書かれていとしても、来店に関することが何も書いていない。単に「このメニュー美味しいですよー!」のような投稿。と

美味しそうな写真や食べたくなる説明。+「ぜひ、ご来店ください。」とか「お腹をペコペコにしてお越しください。」「今日は、暑くなりそうですね。アイスティーを冷やしてお待ちいたします。」のような一言が書いている投稿。

後者を見たら、「行ってみようかなぁ」と思う確率が高くなると思いませんか?

意外に思うかもしれませんが、最後の一押しは重要です。もちろん、どのような言葉を選ぶかも大切。

勘違いしないで欲しいのは「そそる表現」とか「煽る」ようなことはしないこと。売り込みや煽るようなセールスは必要ありません。事実を伝えるだけ。

あなたには、「喜ばせたい人=お客さま=見込み客」がいる。

その人に「あなたを喜ばせることができますよ。いらしてください。」と言うだけです。

『好きとだけ言われても…』

「あなたを好きです。」とだけ告られても、どうすればいいのか分かりませんよね。
「好きです。一緒に食事言ってもらえませんか?」
「好きです。お付き合いしてください。」
など言ってくれれば、応えようがある。
“相手に行動してもらうための一言をそえる”
もちろん、断られることもあるが、それは仕方ない。というか、現代では、いきなり“好きです”とは言わないでしょうが…。

Not Act(行動しない)の壁の超え方

来店の確立を上げる=観覧者の成約率を上げる

1000枚のチラシを配った。900枚は読まれないで捨てられた。100枚読まれて一人の来店。
1000枚のチラシを配った。500枚は読まれたが、来店はしなかった。
1000枚のチラシを配った。300枚は読まれて、30人来店した。

いかにして読んでもらうか。読んだ内容を信じてもらい、来店してもらうか。そのためにやることが「ない×ない×ない」の壁を超えること。

カフェの場合は“読まれない”の壁をいかに超えるかがカギ。

インスタに
「本日のランチの写真とメニューの名前だけの投稿」の場合、インスタを見た来客が「1人」。
「本日のランチの写真とお客さまの得になる話、来店したくなる一言の投稿」の場合、インスタを見た来客が「3人」。

一人でも二人でも増やす。ちょっとした積み重ねが売上げアップにつながる。それの繰り返し。

一人の来客を100人にするような方法(小手先のテクニック)は、一瞬だけ盛り上がり、すぐに落ち着き、元に戻る。「煽る」ようなことはしない。

ライティングの腕を上げ、成約率を高めれば、爆発力はないが、持続力がある。火が付くまでに時間はかかるが、安定した集客につながる。

ライティングのキモであり、集客のキモ「一つのマーケットに対して、一つのメッセージを伝え、一つの行動を促す」「ない×ない×ないの壁を超える」をしっかりと頭に入れて、ライティングの練習をしてください。

そして、、「一つのマーケットに対して、一つのメッセージを伝え、一つの行動を促す」と「ない×ない×ないの壁を超える」を理解できたら、お店での接客が良くなります。2000%良くなります。保証します。ライティングは、接客と同じだからです。

キーは、「お客様目線」。自分中心の考えや接客から、お客様目線の接客になれば、必ずお客さまに喜ばれる。そして、お客様目線とは相手に媚びることではないので、プロの接客ができるようになります。