Blog

カフェ繁盛のレシピ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. ライティング
  4. カフェ集客“行動しない”の壁の超え方
行動しないの超え方

カフェ集客“行動しない”の壁の超え方

カフェの場合、「読まない」「信じない」の壁を越えた人は、来店してくれる確率が高い。

なぜなら、カフェは単価が低いからです。

5000円のランチなら、「気に入ったけど、現実に行くのはきついなぁ」とか「記念日に行こう」などと思う可能性が大。

しかし、1000円前後なら、深いこと考えないで来店してくれます。

このページでは、“行動しない”の壁の超え方として「最後の一押し」をお教えします。

カフェ集客“行動しない”の壁を超える方法

「来店して欲しい」という意思表示をする。来店を促す。相手の行動を促す。

「そんなバカな」って思うかもしれませんが、思いのほか重要です。

例えば、

美味しそうな写真や食べたくなる説明が書かれていとしても、来店に関することが何も書いていない。単に「このメニュー美味しいですよー!」のような投稿。と

美味しそうな写真や食べたくなる説明。+「〇〇が好きな人は、ぜひご来店ください。」とか「お腹をペコペコにしてお越しください。」「今日は、暑くなりそうですね。アイスティーを冷やしてお待ちいたします。」のような一言が書いている投稿。

後者を見たら、「行ってみようかなぁ」と思う確率が高くなると思いませんか?

意外に思うかもしれませんが、最後の一押しは重要です。もちろん、どのような言葉を選ぶかも大切。

勘違いしないで欲しいのは「そそる表現」とか「煽る」ようなことはしない。誇大広告は論外。売り込みや煽るようなセールスも必要ありません。事実を伝えるだけ。

あなたには、「喜ばせたい人=来店して欲しいお客さま」がいる。

その人に「あなたを喜ばせることができますよ。いらしてください。」と言うだけです。

『好きとだけ言われても…』

「あなたを好きです。」とだけ告られても、どうすればいいのか分かりませんよね。
「好きです。一緒に食事言ってもらえませんか?」
「好きです。お付き合いしてください。」
など言ってくれれば、応えようがある。

“相手に行動してもらうための一言をそえる”

Not Act(行動しない)の壁の超え方

関連記事